美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に出た! 三重沖のイエローフィン 

前々からお誘いを受けていた魅力的なプラン
是非参加させていただこうと休みを調整した。

しかし、その日が近付くにつれて予報が悪くなる。
その海域は軽く10メートルを超える予報



またか・・・


よくあることとはいえ、何度味わってもその落胆感は慣れない。
道具の準備をする気にもなれず、違うタックルをいじっていた。



と、そこに出船可否の連絡が入った。


「がきさん、出れるらしいで! レッツゴーや!」


マジか!? と思いながら、せっせと170Lbのリーダーを組み、使うプラグをボックスに詰める。




今回の釣行は、冬キハダを狙う。

シーズン中キハダのナブラを追っかけまわしていた各船も、夏の終わりとともに一旦終了し、今はティップラン、青物や中深海などと狙いを変えている。


そして、ベイトの群れが接岸するのと同時に再び狙いだす。
夏に比べてタイミングを合わせるのは難しいらしいが、ベイトに狂ったキハダには、大根投げても喰ってくるという。

昨年始まったのも同じ日だったらしい。








今回お世話になったのは、三重県は、伊勢志摩の大王町から出船するへいみつ丸さん

K太さん率いるチームFreeRunのチャーターに、チームGACHIからBBちゃんともにご一緒させていただいた。










出船は、まだ日も上がらぬ6時前

期待感に高まる気持ちを抑えるように、黙々と船にタックルを積み込む。






出船し、外海に出たときはかなりザブザブだったが、風裏に入ると次第に波もマシになってきた。


港を出てから走ること2時間半
到着したのは何と68マイルの地点で、違う釣りで見たことがある風景である。



しかしこの釣りは、ポイントに着いたからといって「はい、やって~」という訳にはいかない。

ここからソナーを駆使し、双眼鏡でナブラや鳥の旋回を探さなければならない。
聞けば、先日この海域で僚船が2本獲っているらしい。
なので、しばらく様子をみることにする。



思わぬ好天で、ポカポカと気持ちがいい
このままクルージングで終わるかもしれないし、突然出るかもしれない。


なので、皆思い思いにリラックスして気配が出るのを待つ。



IMG_0008_20161117141503e3e.jpg












IMG_0006_20161117141503686.jpg







時おり怪しい鳥の旋回を見つけ、誘い出しをしてみるも出ず。



IMG_0010_20161117141505597.jpg










途中2メートルぐらいのバショウカジキがわしのプラグにボコッと出たが、乗らず。



そして、再びまったりした時間が過ぎていく。



帰りの時間も考慮して、魚を探しながら引き揚げる途中、エンジン音が変わった。
僚船から情報が入った様子


ゴー! レッツゴー!! である。

到着したところは、鳥がわらわらと騒いでいて気配ムンムン



とりあえず誘い出しをしたり、カツオタックルで探ってみたり




すると船の横でいきなり始まった。

デカい水柱とともに全身を出して飛んでいる。


すかさずキャスト



1投目は届かず。

しかし、どんどんこちらに近づいてくる。




2投目は、いい所に入った。






ドン!




喰った!!




激しくドラグを鳴らせるファーストランを、ロッドをためて強い引きに耐える。



PEは8号

大丈夫



フッキングも決まっているはず

大丈夫、必ず獲れる。



40キロクラスだろうか

走りが止まれば、ロッドを起こして徐々に寄せにかかる。

それでもドラグからラインが引き出される。









それを必死で耐える・・・  のは      

わしではなくて、NAKAI君



IMG_0012_20161117141506402.jpg










皆が見守るなか、遂に水面に現れた。



IMG_0017_20161117141525df7.jpg












IMG_0015_20161117141524dc8.jpg












IMG_0018_20161117141527435.jpg

















たまにお姉さんみたいな腰つきになったりするも、ファイトタイムは堂々の約5分





船上に横たわったのは、見事な体躯の48キロ



IMG_0022_201611171415288b5.jpg











おめでとうNAKAI君

いいものを見せてもらった。




IMG_0026_201611171415308de.jpg











船上は一気に盛り上がったが、その後再び平和な海に戻った。



たった一度きりのチャンスだったが、そのチャンスを見事捕えたのは凄い。
それが、マグロ釣りである。







さぁ、帰ろう。



IMG_0029_20161117141545af9.jpg










まだ終わらない。


そこから場所を変えて、マグロの解体ショー



IMG_0032_20161117152604041.jpg

















皆で寄ってたかって解体していくが、なんせ48キロなので、捌くのも一苦労



IMG_0034_201611171415485ab.jpg









IMG_0037_20161117141549285.jpg










IMG_0038_2016111714155168b.jpg









IMG_0039_20161117141603822.jpg











捌いた身は、きれいにブロックにして皆におすそ分け



IMG_0041_20161117141604c12.jpg












こうして、早朝から深夜まで、長くてアツい一日が終わった。

楽しい仲間と楽しい時間を過ごせたことに感謝






次は、是非わしのプラグを咥えてほしい。















おしまい・・・








これ、美味いやつやん!
いずさん、ありがとう(^^


一休堂
  
   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

Comment

Name - てるやん  

Title - 

こんにちは。
がきさんがデカイキハダ持っている勇姿みたいですね(^^)
私も今年ずっとキハダに行きたかったけど、仕事と天気のタイミングが(^^;
トレーニングして準備万端なのに(*_*)
2016.11.18 Fri 11:07
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - てるやん

ちょっと危ない釣りですが、やっぱり自分の膝に魚が乗るまで挑戦したいと思います。
2016.11.18 Fri 19:26
Edit | Reply |  

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。