プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

せっかちな男の開幕戦は、瀬戸内の寒ビラメ

年明けから、お茶を濁すような話ばかりが続き、このブログの愛読者をやきもきさせていた。

大変お待たせしたが、この度やっと初釣りの話を紹介することができる。




では、早速話を進めよう。





釣行日が近づくにつれ、いつものように怪しい気圧配置となり、またしても大寒波が列島を包み込んだ。

しかし、今回はその気圧配置も緩み、何とか出船できそう。




待ちに待った初釣りに選んだターゲットは、ジガーらしいヒラメノマセ


お世話になったのは、先日開催したチームGACHIのイベントに多大な協賛をいただいた、岡山県の田井漁港から出船するSetoMarine(セトマリン)さん



1.jpg















船長の浦吉さんは、瀬戸内のポイントに精通され、マダイをはじめ、いつも季節に応じた魚を釣らせてくれる。
この時期限定のターゲットであるヒラメは、前々からわしも一度狙ってみたいと思っていた。




集まったメンバーは、チームGACHIからAN会長とわし
そしてCoCoスターズからCoCo塚さんみやぢ君に、マサキ岡ちゃん(GACHIのマサキに雰囲気が似ていてびっくり)の5人







晴天で凪の海を進み、約1時間でポイントに到着



この日にメンバーは、AN会長が一度だけヒラメノマセを経験(アタリなしのボウズ)しているのみ




まずは、船長からエサのイワシの付け方のレクチャーを受ける。



2.jpg
















こんな感じ



3.jpg

















これは必需品の手拭き



4.jpg











優しいAN会長がダイソーで買い、皆に配ってくれたもの
ジギングでは無用だが、エサ付けの後に手を拭くために欠かせない。
(わしは、専ら洟を拭いていたが・・・)







ポイントの水深は、10~15mのなだらかな砂地

アタリが出れば、しっかりと喰い込ませ、竿先が引き込まれてから思い切りアワセを入れるらしい。
この釣りは、何よりもせっかちな男が嫌われるらしい。





あまり潮が動いていないようで、アタリも出ないまままったりとした時間が流れる。



5.jpg
(もしかして、むっちゃ暇な釣りなのかもしれない・・・)













気温は低いが、降り注ぐ陽光が気持ちい



6.jpg
















AN会長ライジャケの位置は、2017年も変わらず少しホッとする。



7.jpg

















と、その時

わしの竿先をクンクンと抑え込む
続いてキュンと海面に突き刺さる。

思わず反射的に巻きアワセを入れるも・・・




せっかちな男は嫌われる。









と、すぐさま隣のCoCo塚さんにもアタリが出て電撃フッキング

で、うれしい初ヒラメ



8.jpg













羨ましい・・・





続いてよっしゃ~!っと裏返った声AN会長



9.jpg








羨ましい・・・







時合いなのか、その後もアタリが続くが乗らず


再びまったりとした時間が流れる。










「そろそろいい感じに潮が・・・」

船長が言い終わらないうちに、CoCo塚さんが爪先立ててのけぞるようなアワセを入れる。



10.jpg












これは良型



11.jpg












羨ましい・・・
(CoCo塚さんは、結局この後2枚追加して竿頭に)





続いてよっしゃ~!っと裏返った声AN会長



12.jpg














羨ましい・・・





船首側では、マサキ岡ちゃんにも良型ヒラメ



13.jpg










羨ましい・・・





そんな中、なかなかアタリが出ず、沈黙していたみやぢ君の竿先がくくんと押さえ込まれた

ここまで散々人のすっぽ抜けを見てきたので、我慢



ぐいぐいと竿先が入る

目を細めてまだ我慢


「もぉええで! アワせろ、アワせろ!!」と周りから催促されてもぐっと我慢



そして、カッと目を見開いてロッドを一閃



まさに我慢による1枚である。



14_20170126204018b61.jpg











羨ましい・・・
(寡黙に耐える男は、この後2枚追加)








そうして、14時過ぎに終了








えっ、わし?

もちろんわしも初モノを手にしている。



15.jpg










何とかボウズは逃れたが、反省すべき点が多かった。

わしには8回ぐらいアタりが出たが、そのほとんどをすっぽ抜けで逃した。

ロッドの硬さ、タイミング、仕掛け・・・ いろいろな原因が考えられるが、やはりせっかちな男は嫌われるのは間違いがない。

次回に多くの課題を残す結果となった。






何とかボウズなしの全員安打



17.jpg














皆の笑顔を見れば、どんな一日を過ごしたのかがよく分かる。



16.jpg













瀬戸内の寒ビラメ
狙える期間は非常に短いが、是非来シーズンにリベンジしたい。

その時は、せっかちな男を返上する。


















おしまい・・・









これは何かのおまじないなのか?

18.jpg

隙を見せればこうなるが、その分楽しさは保障するので、よろしければ是非わしらとご一緒いただきたい(^^v

19.jpg

   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す