美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄界灘ウインターキャンプ Day1 

プロ野球の球団は、各地でキャンプが真っ盛り
キャンプでは、首脳陣が今シーズンの戦力を見極める一方、若手選手にとっては懸命に自身をアピールしなければならない。
いずれにしても、非常に重要な意味を持ち、キャンプの成否がシーズンの成績を左右するといっても過言ではない。



プロ野球のキャンプとは直接関係ないが、この度わしらもウインターキャンプを張ってきたので、その様子を紹介したい。



昨年末から今まで、悪天候によりことごとく釣行が流れてきたが、ひとつ寝ればまた楽しみにひとつ近付くと思えば苦にならなかった。
楽しみに備え、せっせと準備を進めてきた。


そして、いよいよその日がやってきた。
心配された天候も、わしの日頃の行いが奏して奇跡的に良好の予報



昼過ぎに集合し、車に大量のタックルやクーラーを積み込み、西に向かって出発
目指すは玄界灘

車中では、最近の状況や攻め方、タックルのポイントなど楽しい情報を交換する。
片道600キロちょい、6時間強の行程だがそれ程遠く感じない。



その日は前泊のために福岡市内のビジネスホテルにチェックイン
そして、SKちゃんが事前に調べて予約してくれていた店で夕食




その後、軽く部屋飲みし、翌日に備えて早めに就寝



①












そしていよいよキャンプが開幕


お世話になるのは、福岡市内から出港する武蔵丸さん


1_20170210081211c33.jpg








2_20170210081214a37.jpg














本キャンプは、元々K太さん率いるFREERUNのメンバーに、BBちゃんとわしを混ぜてもらったもの

では、改めて参加メンバーを紹介しよう。



3_201702100812154f1.jpg



K太さんムックNAKAI君











4_201702100812178a7.jpg



SKちゃんBBちゃんKI原さん











そしてガイドいただくのは、玄界灘を知り尽くし、抜群の読みと操船を誇り、時に悪い笑顔を見せる古坂大魔王 宮本船長



16_20170210091149f44.jpg










以上、とても濃くて楽しい者達に2日間ご一緒いただく。



5_20170210081234a28.jpg













7時過ぎに出港し、一路壱岐を目指す。



6_201702100812364b9.jpg












初日の狙いはヒラマサ

朝のうち少し風が残るので、壱岐の周りでキャスティングし、その後はジギングの予定





まずは、水深30メートル前後で誘い出し
風上から背に向かって流し、片舷に並んで一斉にキャスト



玄界灘のヒラマサには、夏に洗礼を受けている。
このポイントも、かつて30キロオーバーも出ており、20キロまでは普通に飛び出すので油断は禁物
わしは、この日のために新調した強めのロッド握り、その性能を探るようにGTγを投げ込む。





まずはガボっと、SKちゃんにまずまずのヒラマサ



7













続いてBBちゃんに小振り?のヒラマサ



8







その後も皆思い切り投げ続けるも、バイトやチェイスはあるものの、ヒラマサの顔は見れず。
波も落ち、トップでの反応も鈍くなっていたので深場に移動




水深約90メートルの瀬周りをジギングで攻める。


こちらも皆片舷に並んでドテラで流す。
ブリ族は居らず、アタればヒラマサ





それほど活性は高くないが、ポツポツとヒラマサがジグを噛みに来る。




11









10









9







ここでわしに問題が発覚
以前シオジギングでPEが高切れしたのを忘れていて、ドテラで斜めに糸を出して3回底を取れば下巻きが見える。

10キロ、20キロが居るポイントでこれはマズい。



隣で釣るBBちゃんに状況を説明し、「1ミリもドラグ出されへんわ」と笑ってたらドン!





底から10メートルぐらい巻き上げていたが、結構引きが強い。



12








グングンと頭を振りながら下へ下へと突っ込もうとするのを耐える。
時折ジジっとドラグが鳴る度にタ〇がキュンと縮まる。

大人の事情でこれ以上ラインを出すことはできない。





〇マを冷やしながら無事に取り込んだのは、92センチ、7キロのまぁまぁのサイズ




13












そうこうしているうちに潮も無くなり、終了







その日は、壱岐で島泊まり。



14










港まで、ペンションのご主人が車で迎えに来てくださる。

チェックインし、風呂に入ってさっぱりすれば、お楽しみの夕食の時間
釣り談義に花を咲かせながら、美味い夕食をいただいた。




15_20170210081315bea.jpg













散々話し、散々飲み食いし、同室のBBちゃんの鼾に癒されながら就寝















つづく・・・






初日は「らしくない」好天だった。
このまま2日目も無事に過ごせるのだろうか
何かハプニングが起こるかもしれない。
乞う、ご期待(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
















スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。