プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

大阪北新地 寿し処黒杉

「がきちゃん、寿司喰いに行こうや」

チームGACHIAN会長からお誘い

そういえば、自分で握ったもの以外、最近美味い寿司を喰っていない。


いいねぇ~  行こう、行こう









AN会長に、米源釣具店M本副店長と向かう先は、北新地の名店 寿し処黒杉



IMG_0001_201702221855404aa.jpg






店主である黒杉大将は、実はチームGACHIメンバーでもある。
しかし、一昨年の夏に店を移転して以降、ご多忙のためソルトからは遠ざかっているので、顔を見るのは久しぶり







ここで、寿し処黒杉について少し紹介しておこう。



ミシュランガイド大阪の創刊以来、7年連続で星を獲得している。

関西の財界や著名人舌の肥えた常連客をはじめ、阪神タイガースの選手や宝塚歌劇団の方も足を運び、毎夜満員御礼の名店である。






メニューは、江戸前の仕事に関西の流儀を加えた握り寿司を中心とした全国各地から仕入れた旬の魚をたっぷりと堪能できるおまかせコースのみ。



IMG_0002_20170222185541290.jpg











扉を潜り、店の中に足を踏み入れると、  とした空気が迎えてくれる。



IMG_0048_20170222185734365.jpg










「がきさん、しっかりと宣伝しといてや!」ということなので、よく冷えたビールで喉を潤しながら、大将の渾身の料理を順を追ってお伝えしたい。







付き出しのもずく酢をいただいて、いよいよコースが始まる。






まずは、刺身ものから。


フグ刺し



IMG_0005_20170222185543a12.jpg














フグの身皮の醤油焼き



IMG_0007_2017022218554418f.jpg









料理は、大将がその都度説明しながら出してくれる。

隣には、外国人の方が居られたが、大将は流暢な英語でメニューを説明していた。





次は、白甘鯛の炙り



IMG_0008_20170222185546b23.jpg






これには驚いた。

山葵をちょんと乗せ、身の端に醤油をつけて味わうと、咽るような旨みが口いっぱいに広がる。

「大将、これ何!?」と驚くも、ニヤリと笑うだけ。





続いて、藁焼きサワラ



IMG_0011_2017022218560287a.jpg









なにっ!?


ここにも斬新な手法が用いられており、わしは、ただ唸るしかない。














ここから焼き物に


自慢の鰻の串焼き



IMG_0014_201702221856053f6.jpg













ここら辺で日本酒を注文


銘柄なぞ分からないので、「フルーティーでまったりしたやつ」みたいな抽象的な注文にも見事に応えてくれる。



IMG_0012_20170222185603b25.jpg














ここで出されたのは、

アブラボウズの西京焼き



IMG_0022_201702221856259e0.jpg











実はこれ、先日AJ店主が伊豆で釣り上げたものがタイミングよく着弾



大将は、「何て訳そうかな」って言いながら、外国人に「オイルベビィー」と説明していた。

初めて喰うアブラボウズだが、かなりしっかりした身質ながら、名のごとく溢れんばかりの脂を湛えており、非常に美味い。



IMG_0023_201702221856263fd.jpg












「AJ店主が「がきさんもどう?」って言うてたぞ」と聞いたが、水深700メートル900グラムのジグ・・・ 
「もう少し考えさせていただきたい」と控えめに答えた。








次は、アワビの蒸し物



IMG_0015_2017022218560624e.jpg









ほくほくと湯気をたてた分厚いアワビは、「もう歯なぞ必要ない」と思いぐらい柔らかく、芳醇な香りに満ちていた。









旬のノレソレの茶碗蒸しには、香り豊かな赤山椒があしらわれている。



IMG_0025_20170222185628c0a.jpg











揚げ物は、白魚の天ぷら 自家製カラスミ掛け



IMG_0030_20170222185630384.jpg










これは、魚が苦手?AN会長のためのお子様メニュー フグのアラの唐揚げ



IMG_0018_201702221856082c7.jpg













そして、いよいよ寿司が出される。


カウンターの中には、背筋を伸ばし、すべての指先までがコントロールされた大将の美しい姿がある。



IMG_0031_2017022220132763b.jpg









マグロ赤身



IMG_0033_20170222185650bea.jpg








コノシロ



IMG_0034_20170222185651a2a.jpg
(「がきさん、ノマセの・・・」といってニヤッと笑う。)





サヨリは獲り忘れて画像なし








ブリ腹身


IMG_0035_20170222185653713.jpg








このブリは、2週間熟成されたものらしい。


その熟成法とは・・・
ブリに合された薬味とは・・・











大トロ



IMG_0037_20170222185654d93.jpg











小柱



IMG_0040_20170222185656ff9.jpg










車海老



IMG_0041_20170222185729d84.jpg










雲丹とイクラの丼



IMG_0043_201702221857311a3.jpg













「ゆっくりと握って見せて」と無理を言うも、快く丁寧な手さばきを披露してくれた。



IMG_0047_20170222185732201.jpg















こうして至福のときと、美味い寿司を堪能することができた。

しかし、ただ単に「美味いなぁ~!」では済まさない。


黒杉大将は、わしにとっておきの技を教えてくれた。
細い目を、さらに細めながら、プロのひと手間をお土産に持たせてくれた。



ありがとう。









そこにも「魚と会話ができる男」が居た。



IMG_0050_20170222185735aaf.jpg



















おしまい・・・









明日?
もちろんわしは休みであ~る(^^v


Screenshot_20170222-121335.png

   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す