プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

久しぶり過ぎるボートメバルで癒しの引き

ここのところ、大阪湾ではメバルが不調であった。


ショアは?
ボートは?
エサは?
沈船は?


いずれも状況が悪く、いい話を聞かなかった。
小型の数釣りでお茶を濁すのも嫌なので、自然と足が遠のいていた。

しかし、決してあの引きを忘れたわけではない。



行くか!  癒しの引きを味わいに!!





極寒の深夜に沖に出るのはかなりの変態マニア
名乗りを上げたのは、チームGACHIAN会長jiggerさん






ということで、久しぶりにFUJIYAMAさんに遊びに行ってきた。



IMG_0023_20170301105910bec.jpg












大西船長とは居酒屋でよく会っているが、海の上では久しぶり。

陸上では単なる酔っ払いだが、一旦舵輪を握れば目つきが一転
野生の勘と抜群の操舵でわしらを楽しませてくれる。


よし、思い切り楽しませていただこう。




出船は、午後7時30分


思いのほか寒くなく、海上も穏やか
「がきちゃんらしくない」と言うが、もうそろそろがきさんにも釣りをさせてあげてほしい。



1488329937456.jpg








IMG_0004_20170301105844114.jpg
















船長に聞けば、今シーズンのメバル狙いは初らしい。
しかし、産卵も落ち着いて活性も上向き。
ポイントも全然叩いていないので、ワームを通せばメバルも大喜びするだろうという





湾岸部を沖側から攻めていく。

潮もいい感じで押しており、船長はそれに乗せてポイントに船を寄せていく。
灯りがあれば明暗の境を
スリットやストラクチャー周りも狙い目である。

銘銘それらに打ち込んでいく。



1488329924146.jpg










が、何分久しぶりのメバリング
つい先日まで170やら200Lbのラインで100グラム以上のプラグをブン投げていた
それが一転して3Lb1グラムの超ライトタックルへ


如何せん何をしているのか分からない。
投げたジグヘッドがどこに行ったか分からない。
どこを引いているのか分からない。


その状態でピンポイントを攻めるなんて無茶な話
当然コントロールもつかず、対岸のロープ釣ったりストラクチャーに引っかけたり・・・



1488329912157.jpg









それでも投げ続けていううちに何とか勘を取り戻し、次第にビシっと決まりだす。

引くワームがベイトと化せば、あとは勝手にメバルが反応する。



IMG_0011_201703011058476ea.jpg








IMG_0022_20170301105909dc6.jpg









IMG_0010_20170301105845879.jpg









いいポイントに入れば一投目からアタリが出る。

「船長、あそこ行こ!」
AN会長がポイントを指示

アタリが無ければ、「もっと魚おるとこ行こ!」

アタっても小型が多ければ、「もっとデカいのおるとこ行こ!」

またアタリが減れば、「もっと魚おるとこ行こ!」


そんな我儘な注文に、大西船長はニコニコしながら見事に応えて見せる。
FUJIYAMAさんに乗れば、毎回このやりとりが繰り返される。
長年に渡って築かれた阿吽の呼吸軽快なテンポが心地よい



その合間、船長はしきりに「喰うてください」ドーナツを勧めてくるも、丁重に断る。



IMG_0015_20170301105905dc6.jpg












こうしていろんなポイントを叩いたが、それぞれ微妙にパターンが違って面白い

普通に引いてもココンと引っ手繰る活性のいいパターン
デットスローにしか反応しないパターン
バーチカルなフォールに出るパターン
ティップをクっと押さえ込み、フォールさせて出るパターン


そららに巻き合わせて応じて乗せれば、クンクンクンと軟竿を絞り込んで抵抗する。



楽しい!!



これがメバルの引きである。
これが癒しの引きである。



わし












ボートメバルといえば、ナイトゲームが一般的
それではここで、ボートメバルの大敵の話を少々



まず一つめは、老化による近距離視力の低下
いわゆる老眼である。
しかも暗い環境下で極細ラインをジグヘッドのアイに通すなど、ほぼ不可能である。
手探りで繰り返し、奇跡が起きるのを待つしかない。


しかしご安心を

FUJIYAMAさんには、いつも老眼鏡が備えられている。



1488329918262.jpg






AN会長「うわっ! 1秒で通った!!」と感嘆の声を上げるのも無理はない。
無理をせず、素直に使うことをお勧めする。







続いて厄介なのがぴょん吉

これは、あまりテンションが掛からない状態で投げ続けるとリールのラインが次第に緩んで生じるものだが、早期に解消しないととんでもないことになる。

ぴょん吉に気付かずに、最後はチ〇毛みたいになって修復不能



IMG_0020_201703011059079cf.jpg






こうなれば、宴もたけなわだがお開きである。










小型が中心で、なかなかキーパーサイズは出なかったが結構楽しめた。



DSC_0022.jpg









DSC_0021.jpg












3月に入ってジャコベイトが流れれば、活性も一気に上がり、喰い気旺盛で肩の張ったヤツが釣れるだろう。
メバルシーズンはまだ始まったばかりである。









これにて釣行が完結



もっこす








完食



















おしまい・・・






東京五輪を控え、受動喫煙を防ぐために飲食店の屋内禁煙と喫煙室の設置を義務付ける方向で健康増進法の改正が進められているが、飲食業界の反発を受けてその適用を除外する案が示された。
何やら、延べ床面積が30㎡以下のバーやスナックでは例外的に喫煙を認められるという。
客がほぼ常連で、家族連れなどの利用が無いというのがその理由なのだろう。
いつの間にか「受動喫煙防止」という本来の趣旨が変わっているような気がする。
そういえば、「勤務時間中の喫煙禁止」というルールに違反すれば処分するという公共団体があるが、確かそれも、元はといえば健康増進法に基づき、施設内での喫煙を禁じるものだったはずだが・・・
いずれもわしは、煙草を吸わないのでどうでもいい話である(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す