プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

カワハギ料理をひたすら味わう。

一般的にカワハギの旬は冬だといわれる。


カワハギは一年中釣れる魚であり、関東では夏場も人気があり盛んに狙われる。

しかし、関西では冬の風物詩
水温が下がることにより深場に群れて固まるため、狙って釣りやすい。


味そのものも季節や海域にによって大きく変わるものではないが、冬場には肝が肥大することで食味も一層豊かになる。




もともとそれほど市場に出回る魚ではないが、スーパーの鮮魚売り場などでたまに見かける。
しかしそれは、きれいに皮を剥ぎとられて煮付けやムニエル用に下ごしらえされており、当然肝も抜かれている。

また値段も家族分買うとなると決して安価ではない。




美味いカワハギ料理は、肝抜きには語れない。
なので、これから紹介するカワハギ料理は、釣らなければ決して味わうことができない釣人だけの特権





では、よく冷えたビールを片手に読み進めていただきたい。











まずは刺身ものから




薄造り



①薄造り









もはやこれはカワハギ料理の定番
身皮の湯落としを添えて、ポン酢でいただく。






カワハギの味を語るとき、よくフグが引き合いに出される。
確かによく似ているが、カワハギの身の方がやや水分が多く、やはりトラフグの歯ごたえにはかなわない。

トラフグは、身が硬いため薄造りにされるといわれるが、実は間違い。
薄く切られたテッサも美味いが、やはりトラフグの一番美味い喰い方はやや厚めの刺身
しかもそれを軽く炙ってやれば絶品である。







そんなぶつ切り炙りをイメージしたものがこれ



炙り刺し



②炙り











生肝を絡めた山葵醤油でいただく。



③炙り身








④炙り肝












3、4切れの身に肝を乗せ、大葉で包んだ贅沢喰い
口の中の放り込んだ瞬間に濃厚な味が広がる。






美味い!!














次はやや変わり種で




刺身の酢醤油あえ



⑥酢醤油和え1












薄く削ぎ造りにした身と身皮をサッと湯がいた湯落としを酢醤油で和え、針生姜ごま油のパンチを効かせて味変を狙ってみた。



⑦酢醤油和え2















美味い!!







たまにはこんな喰い方もいい













刺身もの最後はやはりこれ




肝あえ



⑤肝和え











わしが愛してやまないこの料理
この味を言葉で説明するのは不可能

悪魔に魂を売り渡してでも喰いたいと、ただ単に「魔味」と言い表すことしかできない。













ここで、潮汁で一旦口をゆすごう



⑧潮汁




















ここからは寿司をいただく。



カワハギの握り




⑨握り1












生肝と紅葉おろしを添え、ネギを散らした握り寿司はわしの中では定番



見たままの美味さである。



⑩握り2

















炙り握り



⑪炙り握り1














こんな贅沢な寿司は店でも喰えない。

厚めに切ったネタを噛むごとに、ギュっギュっとカワハギの旨みが滲み出てくる。



⑫炙り握り2





















そして、寿司のトリに選んだのはこれ




肝あえ軍艦巻き



⑬軍艦1















この寿司がわしを釣りの世界へと引き込んだといっても過言ではない。


話せば長くなるが、かつて、寿司といえば、マグロ、鯛、ハマチ、イカぐらいしか喰ったことがなかったわしは、梅田のある寿司屋に連れて行ってもらった。


その寿司屋は、当時では珍しく和歌山の漁港から直接魚を仕入れていた。

なので、出される寿司のネタは、グレ、チヌ、タチウオ、アカヤガラ、ハタなどみな初めて見るものばかり




魚好き、寿司好きのわしは、我を忘れてそれらを頬張った。


釣り好きの大将から話を聞いたわしは、「釣りをすればいつもこんなに美味い魚が喰えるのか・・・」と単純に思った。











そして、「これ喰ってみ」と出されたのがカワハギの肝あえ軍艦巻き



⑭軍艦2








ひとつ摘まんで口の中に放り込んだ途端に襲い掛かるむせ返るような旨み

何とも表現しがたい濃厚な味わい




これが、わしのハートに止めを刺した















最後は、軽く鍋でシメよう。



カワハギのちり鍋



⑮ハゲ鍋





















あれから20数年

美味いお魚を求めて、わしは釣りをしている。




















おしまい・・・










いよいよ関西でも桜が開花
さぁ、重いコート脱いで釣に出かけませんか(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





















スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
4737:カワハギ by 遊免 on 2017/04/06 at 00:34:55

いつも楽しみに拝見しております。今回のブログは特に良かったです。少しウルッとくるぐらい。
カワハギ釣りを機会を作ってやってみたいです。丹後や若狭方面ではそこまでのポテンシャルのあるポイントはないでしょうね。

4738:遊免さま by がき on 2017/04/07 at 17:48:31

あっ、あまりの美味さについコメントしちゃった!って感じですか?
いつもご覧いただき、またコメントいただきありがとうございます。
もともとどこにでも居る魚なので、丹後でも必ず狙えるとこあると思います。
シモリ混じりの砂地などで、一度アサリを落としてみてください。
では、今後とも応援よろしくお願いいたします(^^v

4739:冷凍庫は別でありますか?? by まるゆ on 2017/04/07 at 20:45:11

いつも楽しみにブログ拝見させて頂いています!!勉強させて頂いています!!

このブログと本当に関係なく申し訳ありません(汗)

冷凍庫は魚専用の冷凍庫を使われてますか??

オススメなどあれば教えて下さい!!

4740:まるゆさま by がき on 2017/04/12 at 19:22:34

コメントありがとうございます。
お尋ねの冷凍庫ですが、魚専用のものを保有しています。
お勧めというのは特にありませんが、できるだけ低温で早く冷凍できるものがいいと思います。
家庭用の冷蔵庫の冷凍庫は、どうしても徐々に冷凍されるので、魚の組織が破壊されると聞きます。

4741:ありがとうございます!! by まるゆ on 2017/04/12 at 20:48:57

がきさんありがとうございます!!

1度、探してみます!!

これからもブログ楽しみにしてます!!

4742:まるゆさま by がき on 2017/04/13 at 19:07:54

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします!

▼このエントリーにコメントを残す