めくりアジ

2017.05.11(11:53)

大阪湾で釣れるアジといえば、まず友ヶ島周りで釣れる大型の鬼アジを思い浮かべる一方、めくりといわれるアジもよく知られている。

当然わしもめくりは知っているが、今まで狙って釣ったことはなかった。



先日の明石釣行では、このアジもターゲットのひとつ

名船長の耕ちゃんは、潮が合って一瞬だけ湧くタイミングを狙い、きっちりとめくりを釣らせてくれた。





めくりとは、初夏に明石付近の海域で釣れる、体高のある瀬付きのアジで、全身が黄金色に輝いているため黄アジとも呼ばれている。

小振りだが、品のいい脂がたっぷりと乗っており、当然ながら味は絶品
しかし、市場には出回らない幻の魚なのである。






「何でめくりって言うんやろなぁ」

めくりと呼ばれる所以は諸説あるらしい。


「脂乗ってて皮が簡単にめくれるからちゃうか」
「いや、逆に脂乗り過ぎててめくり難いからやろ」
「えっ、目がクリっとしてるから目クリなんちゃうん」


どれももっともらしい理屈だが、まとも過ぎてつまらない。

わしも、「もしかしてスカートめくりと関係あるんちゃう」と言ってみたが、軽くスルーされた。












では、早速めくりを喰ってみよう。





体高があって黄金色に輝くめくりの腹を割ると、腹腔には見事なワックス状の脂



IMG_0030_2017051110444389b.jpg







IMG_0032_20170511104444302.jpg










こんなん美味いに決まっている。




豊富な皮下脂肪のため、皮は手でつるっとめくることができる。
別にめくり難くはないが、脂で指がねちゃねちゃになる。



IMG_0035_20170511104446318.jpg











いずれも30センチにも満たないが、分厚い身は見るからに美味そう。









まずは、味のセンサーである刺身から



めくりアジの刺身



IMG_0044_20170511104449207.jpg










上質のアジは、生姜醤油で喰うのがいい。


アジは、サバ同様に海水氷でキンキンに冷やし、活かった身を早々に喰うのがいいと思われるが、それだと鬼アジのような大型は身が硬いだけで旨みが少ない。
なので、一晩寝かせた方が旨みと脂がまわって美味い。



しかしこのアジは、当日喰ってもたっぷりの旨みが出ている。

噛めば噛むほど旨みが滲み出てくる。
これは期待を裏切らない味である。









いい素材が入れば、やっぱり握りたくなる。


めくりアジの握り寿司



IMG_0048_2017051110445191b.jpg








小振りのものの片身で一貫

飾り包丁を入れ、生姜とネギを叩き合わせた薬味を合わせてやる。



IMG_0050_20170511104452444.jpg










きりっとした赤酢のシャリが旨みが強く、歯ごたえのいい身を一層引き立てる。





美味い!!











最後は、とっておきのひと品


博多名物のごまさばをイメージしてみた。
めくりなら、絶対にこの喰い方が美味いはず。




めくりアジのごまあじ



IMG_0057_20170511104453939.jpg








やや薄く切った身を醤油ベースのタレで和え、たっぷりのすりゴマををまぶす。

それを冷凍庫でキンと冷やした器に盛り、その上に千切り茗荷白髪ネギきざみ海苔をあしらってやる。



IMG_0060_20170511104455369.jpg








喰い方は、箸でサクッと混ぜて、がさっとつまんで口に放り込むだけ





美味い!!








その味の説明はなし



美味い物は、ただ単に美味いとしか言えない。







たかが鯵だと侮るなかれ

これは、明石が誇る小さな高級魚なのである。





















おしまい・・・









お笑い芸人が激しい胃痛で病院で診察を受けたところ、胃の中にアニサキスが8匹も居たというニュースを見た。
アニサキスとえば、サバやタラ、スルメイカなどに多く寄生するのはよく知られているが、コイツによる被害は年々増加しており、今では食品衛生関係法令により食中毒原因物質として示されている。
つまり、飲食店でアニサキスによる食中毒が疑われる場合には速やかに保健所に届け出ることが義務付けられている。
その背景には、グルメブームによる魚の生食が増えたことも原因のひとつだろうが、「日本海側の魚にはアニキサスは居ない」といった誤った情報によることも否定できない。
確かに、太平洋側と日本海側ではアニキサスの種類が異なり、日本海側のものは筋肉に寄生し難いというデータはあるが、だからといって絶対に安全だとはいい切れない。
アングラーには自分で釣った美味い魚を喰えるという特権があるが、くれぐれも気を付けなければならない(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/807-189a9926
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ