プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

350メートルの海底からやって来た美味い魚たち

「釣行記の後は美味い!!編やろ!」



そのとおり



このブログでは、すっかりそのパターンが定着し、当然ご期待いただいているところである。
徐々にハードルが上がるのを感じながら、また自身にもプレッシャーを掛けながら、そのスタイルを続けている。







それではお待ちかねの美味い!!編をじっくりとお楽しみいただきたい。




中深海で釣れる魚は、得体の知れないもの居るが、総じて美味いものが多い





中でも本命のアカムツは、テニスの錦織選手が「ノドグロ喰いたい」と言って一気に有名になったが、もともと美味い魚として知られていた。

コイツを水深が300メートルを超える海底をジグで探るなど、考えもしなかったが、今ではひとつのジャンルとして確立されている。
美味い魚には目がないわしも、食味に誘われてこの釣りに手を出したものである。


先日の釣行では、残念ながら本命のアカムツは不在だったが、代わりの美味い魚たちが釣れた。
そんな貴重な魚たちを心行くまでと味わいたい。







まずは、クロムツから



最近南紀では、JK(ジャンボクロムツ)を狙ったジギングが大人気
40センチオーバーは当たり前
中には70センチを軽く超えるヤツが狙えるという。

今回わしが釣ったものは、JKには及ばないものの、40センチオーバーMMK(まぁまぁのクロムツ)

これぐらいのサイズなら十分に脂が乗って美味い







なので、もちろん刺身でいただく。



クロムツの刺身



クロ刺身1






クロ刺身2























クロムツの炙り



クロ炙り1













これらに山葵醤油スダチ塩を合わせる。






ジャッジはチビーズ2号




「炙りやな」


「スダチ塩やな」




クロ炙り2












ということだが、確かにそのとおり

皮目に潜む甘い脂を味わうのは炙りが一番
皮目を炙ることによって香ばしさを伴ってジュワジュワを滲み出てくる。






美味い!!








チビーズ1号は、丼に盛った酢飯の上にたっぷりと炙りを並べ、フンフン言いながら喰っていた。

このクロムツは、釣った翌日のもの
クロムツは、身が緩むのであまり熟成させない方がいい










ここからは、エビスダイのフルコース



名前の通り、オレンジがかった鮮やかな朱色は見るからに縁起がよさそう。


この魚も皮が美味いというので、それを生かした料理にしてみた。







サクにした身を湯霜焼き霜

熱を加えると、思いのほか皮が縮み、太ったおばちゃんが無理やりちっちゃいパンツ穿いたみたいな感じになってしまった。



ちっちゃいパンツ



















これらを切り分けて


エビスダイの湯霜と焼き霜の刺身二種盛り



炙り刺身1














これらも、山葵醤油スダチ塩






今回は湯霜に軍配




確かに炙りも美味いが、クロムツのように皮目に脂が乗っていないので、目立つのは炙った皮の香ばしさだけ。

それよりも、湯で締めた方皮の美味さを感じた。



そして、山葵醤油が美味かった。



炙り刺身2















6日間寝かせた身からは、湧き出すイノシン酸の旨みを感じる。





なので、当然こうなる。


エビスダイの握り寿司



握り1













ネタは、湯霜にスダチをあしらってみた。



握り2












ネタの甘みと赤酢のすっきりとした酸味が相まって





美味い!!







寿司ネタとしても極上である。






続いて皮付きのまま薄切りに



しゃぶ1







しゃぶ2













野菜はレタス、白ネギ、プチトマトよ準備



しゃぶ野菜











これらを昆布と鰹を効かせた出汁に潜らせば



エビスダイのしゃぶしゃぶ



しゃぶ身1










柚子胡椒を溶き合わせば、一層魚の旨みが引き立つ。

熱々の出汁に潜らせた身は、ぷくっと膨らんで、しこしこの歯ごたえに変化する。



しゃぶ身2












美味い!!











今回の締めは蕎麦にしたが、このまま白飯にぶっ掛けて出汁茶漬けにしても美味そう



しゃぶソバ







しゃぶソバ2

















そして翌日は、アラを使って調理してみた。







エビスダイのアラ炊き



アラ炊き














ユメカサゴの煮付け



ユメカサゴ
(オマケ扱いになったが、これも大変美味い魚である。)










そして、アラ炊きのタレの味を整えれば、いよいよエビスダイ料理のクライマックス




魚そうめん



魚そうめん











アラの旨みが濃縮されたツユの表面にはケシ粒のような脂の珠が輝いている。



ツユ











そのツユにはたっぷりの山葵を合わせてやる。



がさっと箸でそうめんを掬い、ツユに絡めてズズっとすする。





美味い!!








エビスダイの旨みのすべてが鼻腔を突き抜けていく。





美味い!!















こうして、中深海の美味い魚を食い尽くした。



ご期待に沿えただろうか。
少しでもわしの幸せをお伝えできただろうか。




あ~ 美味かった。

また釣りに出かけよう。
















おしまい・・・






先日ここで紹介したGACHIウエア
メンバー以外にも多くの方から注文をいただいた。
本日をもって注文を締切ったので、これから集計を行う。
集計後、見積もりに出して金額が決まれば、それぞれ直接お知らせする。
皆さんのもとに無事にお届けできるまで、いましばらくお待ちいただきたい(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



















スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す