プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

エビスダイを丸裸

「ママ~ 裸じゃイヤ~!」


このフレーズをご存知の方は、たぶんオッサンオバハンだろう。



その後には、「みんなで、のりを巻こうよ 大島屋~のり♪」と続く。

今から30年ぐらい前の海苔のCMである。
丁度わしが5歳のころ・・・
このCMを見ると、無性におにぎりが喰いたくなったのを今でも覚えている。






さて、タイトルについて

先日釣ったエビスダイ
この魚の食味の良さはよく知られているが、捌いて味わう前に、ひと仕事こなさなければならない。

何よりこの魚、「エビスダイ」などとめでたい名前で呼ばれているが、一方では「ヨロイダイ」とか「具足ダイ」とも呼ばれている。
その名から想像するとおり、ウロコ非常に硬いことでも知られている。

マダイもウロコが硬い部類に入るが、比べものにならない。
わしもよく人から性格が堅いと言われるが、到底エビスダイには及ばない。


とにかくウロコがデカくて硬い
当然普通のウロコ取りでは歯が立たず、ペンチで1枚1枚引っこ抜くとか、ウロコごとハサミで切っておろすとか、とにかく皆さん苦労されている。



そんな手強いエビスダイだが、わしがプルっと丸裸にしてやろうという話である。

では、早速そのを紹介しよう。





相手は40センチクラスのエビスダイ
その体表には、デカいウロコがバリアを張るよう輝いている。



IMG_0002_201705291532366ea.jpg









IMG_0004_2017052915323722c.jpg












しかし、わしは意にも介さない。




まず片手鍋で湯を沸かす。

ぐらぐらと沸騰した湯をエビスダイの片面にぶっかけてやると、ウロコが白っぽくなる。
そこを一気にウロコ取りでコスリあげてやる。



IMG_0005_2017052915323960a.jpg












確かにデカくて硬い



IMG_0008_20170529153240ca3.jpg











しかし、それほど力を要さずに、スムーズに作業が進む。

体表から剥がれたデカくて硬いウロコは、手裏剣のように勢いよく周りに飛び散るが、気にする必要はない。
後で怒られても、美味い魚で黙らせればよい


片面が終われば、もう片面も改めて熱湯をぶっ掛けるところから繰り返す。






そうすれば、まるで魔法が解けたように艶やかな地肌が現れる。



IMG_0010_20170529153242207.jpg















「A子って、突っ張ってるけど本当は優しい子なのよ」みたいな感じである。



IMG_0011_20170529153243cda.jpg












如何だろうか


幸運にもエビスダイが手に入ったときには、是非このやり方をお試しいただきたい。













おまけ



今日は気分がいいので、特別にわしが愛用するウロコ取りも紹介しよう。







いろいろ試した末に行きついたのがこれ



ウロコ取り1










カインズホームオリジナルのステンレス製ウロコ取り



ウロコ取り2








その使い心地は、「くらしに、ららら」である。






















おしまい・・・











まだ気分がいいので、更に凄い情報を
実は、わしの身体には毒素が多いのか、よく「でんぼ」(いわゆる腫物)ができる。
そして何年かに一度、直径5センチ以上に成長し、最後は破裂する。
その状態になってから医者に行っても麻酔など効かず、「何でもっと早く来ぇへんねん」と怒られながら、痛みをこらえ、脂汗を流して痛切開手術を受けるはめになる。
今まで切った箇所は、首の後ろ、脇腹、太腿の裏、背中・・・
そして、先日、肛〇横約7センチの位置に違和感を感じた。
経験者にしか分からない嫌な感覚を覚えた。
そう、またヤツが現れた。
早く医者に行くべきか
しかし、場所が場所だけに恥ずかしい
職場の後輩にそんな話をしてみると、「これどうですか」と軟膏を出してきた。
せっかくなので、ダメ元で塗ってみると・・・

もうわしは、「でんぼ」など怖くない(^^v


ドルトマイシン

   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




















スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す