ボンジュ~ル 工作員がアシハポ~ン♪

2017.06.18(20:19)

まずひとつ教えよう。

フランス語で、タコのことをアシハポ~ンという。
当然イカはアシジュポ~ン


覚えていても決して得は無いが、邪魔にならないマメ知識である。






今年もマダコの季節がやってきた。
今年はイマイチ調子が上がらないという話を聞くが、昨年が良すぎただけである。




そんな季節を迎え、今年も工作員達合同研修の情報を入手した。

「へぇ~ それは大変やなぁ~」と特に関心を示さないわしに、「同行して記録せよ」という命が下った。
その瞬間、その任務の重さを悟り、緊張感に身を硬くした。


決して失敗は許されない・・・






合同研修の場に選ばれたのは、明石港から出船する愁輝丸さん



IMG_0048_20170618185925111.jpg











偶然にもわしのお友達でもあるアッキン船長の船
これなら何とかなるかもしれない。






研修を前に、集中力を高める工作員達
彼女達の表情から、張りつめた空気がピリピリと伝わってくる。



IMG_0001_2017061818590120c.jpg
(訳あって素顔と名前は公表できないのでコードネームで呼ぶことにする。)



向かって左から、




わしはただ、そそう無く一日を終えることを願うのみである。












そんな緊迫した空気とは裏腹に、愁輝丸は梅雨とは思えないような晴天で、風も無く穏やかな海面を滑るようにポイントにに向かう。

この日は潮も小さくて、研修するにはもってこいの好条件




最初のポイントは、水深10m前後と浅い
最近ディープで釣れていると聞いていたので、シーズン初としては好都合

さすがに日頃厳しく訓練された工作員達は、手際よくタックルを準備
40号のオモリにタコエギをツインでセットし、底に着けば、専用ロッドのしなやかなティップを生かしてタコエギを躍らせる。



IMG_0010_201706181859053d8.jpg













すると グン



IMG_0015_201706181859086f7.jpg












グン



IMG_0008_20170618185904781.jpg











グン



IMG_0041_20170618185920cc7.jpg













流石は鍛え上げられた者達、次々とターゲットを仕留めていく。



ちなみにわしは、タコ釣りに関しては一日の長がある。
なので、工作員達の役に立とうと適宜解説を加えながら控えめにレクチャー

ボトムは刻々と変化するので、常に意識すること
オモリは絶対にボトムから離さないこと
集中していれば、タコがエギを触りに来る前アタリが分るので、少し待ってしっかりとアワセること
巻くときは、決して緩めずに一気に巻き上げること








すると、こんな感じで一丁上がり



IMG_0031_201706181859175eb.jpg












ヒットカラーはイタリアン

エギのカラーは、釣れている者を真似ること









おっと、今度は無事に本命



img.jpg



















この日のヒットエギは、蛸墨族「ドラえもんカラー」(非売品)



IMG_0014_20170618185907767.jpg











工作員達は、このエギを付けて怒涛の連発



IMG_0027_20170618185914fd4.jpg








IMG_0028_201706181859164f3.jpg








IMG_0022_2017061818591320c.jpg














ミッションは、刻々と達成されていく。





「私、スルメ食べな調子出ぇへんねん」



IMG_0019_2017061818591006d.jpg














「私、この角度が一番気合い入るねん」



IMG_0036_2017061818591932d.jpg












それぞれが、それぞれの持つ特殊能力を発揮しながら、順調にカリキュラムが消化されていく。



IMG_0043_20170618185922ee3.jpg












そうして、無事に合同研修が終えられた。




満足な成果が得られた者

次回の課題が見つかった者

タコエギ6本無くした者











今研修が終わったばかりだというのに、貪欲な向上心と、あくなき探究心を持つ工作員達の視線は、既に次へと向けられている。



IMG_0050_20170618185928273.jpg








IMG_0049_20170618185926150.jpg







IMG_0052_20170618185948d30.jpg



























おしまい・・・









ボトムに張り付いたヤツを引っぺがし、重量感を感じながら・・・
「巨ダコや」と何度もワカメに騙された。
しかし、考え方を変えればこれもいいお土産
明石の幸を美味しくいただいた。


IMG_0001_20170618201758252.jpg

でも、本来水温が上がれば切れて流れるワカメ
それがまだ生えているということは、水温が上がっていないのだろうか
夏の海になるにはもうしばらくかかりそう
マダコはもちろん、青物、サワラ、アジにサバ・・・
これからどんどんマダイも上向き
明石の海は、これから楽しみな季節を迎える。
皆さんの楽しい釣行記はこちらから(^^
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村















スポンサーサイト

ソルトルアーの話 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ