しなやかな男の武器

2017.06.26(19:30)

男には男の武器がある。

男の武器といえば、「硬くて強い」ものが最上だと思う者も多いが、わしに言わせればそれはド素人の考えである。



硬さや強さだけが求められる時代は、もう終わった。

その意味は、この話を読み進めて行けば分かるだろう。










少し鯛カブラの話をしよう。



鯛カブラは、ご存知のとおりガっと噛みに来ても乗らず、また乗ってもバレることがとても多い。
だから、余計にわしらをアツくさせる。


そのキャッチ率を上げるための工夫はいろいろあるが、一番重要なのはロッド選び
だから、各メーカーからは、それぞれのコンセプトに基づいて様々なロッドが出されている。



それらのロッドは、大きく分けて次の2種類

ひとつは、柔らかくてしなやかなティップを持ち、カブラを噛みにきたマダイに違和感を感じさせないようにするもの

もうひとつは、張りのあるティップを持ち、その反発でパンパンとマダイを掛けようとするもの

使うアングラーは、自分の好みやスタイルに合わせていずれかのロッドを選べばよい。



しかし、それぞれのコンセプトは、その長所を生かそうとすればするほど短所が顕在化する。

柔らかいティップは、それを突き詰めると曲がりすぎてフッキングが甘くなる。
一方張りのあるティップは、フッキングする前に弾いてしまう。




元々鯛カブラは、針に付けたオキアミなどのように針そのものを喰いにくるのではなく、ヘッドやネクタイに絡んだ際にフッキングするものなので、上手く口横のカンヌキに針が掛かることは少ない。

なので、押さえられたティップは曲がりすぎず、ある一定の力が掛かったときに適度な反発力によってマダイの口付近に突き刺さるというのが理想なのだと思う。

そのためには、柔軟性と張りのバランスがとれた高感度のティップが求められる。
上手く説明できないが、「オートマチックに掛かる」という表現が分かりやすい。


この「オートマチックに掛かる」という部分に各メーカーによる独自の味付けが施されている。









現在、わしの愛用ロッドは、明石の鯛カブラを知り尽くしたミタチ丸御立船長が繰り返しテストして作り出したもの



IMG_0013_2017062618341514c.jpg











既に生産を終え、今や幻の逸品となったが、シリアルナンバーも入れられたレアなロッドは、今でもマニアの間で大人気



IMG_0015_20170626183416ed5.jpg











「すべてのアタリを掛ける」がこのロッドの開発コンセプト

バランスのとれた、とてもいいロッドである。











それに加え、この度スペシャルロッドを1本追加した。




エバーグリーンスパリッドマスターPSMC-68UL/MLST



IMG_0010_20170626183413100.jpg









 


このロッドは、エバーグリーンプロスタッフである香川県のポセイドン遊漁船林船長が開発に携わられて作り出されたもの




細くて張りのあるソリッドティップがとてもカッコいい



IMG_0003_201706261834109ff.jpg













13個ある全ガイドにチタンフレームとトルザイトリングが採用され、徹底的に高感度軽量化が図られている。



IMG_0006_20170626183412105.jpg













実際にカブラを巻いてみないと分からないが、リールをセットした状態のバランスがとてもいい。



リールセット








林船長が、以前「やっぱり張りのあるティップでパンパンと掛けるのが楽しいでしょ」と話されていたものが、こうして形になったものである。
(スパリッドマスターの詳細はこちら







ミタチスペシャルスパリッドマスター

そのどちらもわしのファーストロッド


それぞれの開発者から、直接開発コンセプトが聞きけて、とてもイメージがしやすい。
それぞれの想いを受けて、大切に使い分けたいと思う。







男の武器が、ただ単に硬くて強ければいいという時代は終わった。

わしは、しなやかであり、かつ、張りのある男でありたい。




















おしまい・・・











既に参加艇のHPやSNSなどにより告知され、ご存知の方や申し込みされた方も多いと思うが、来る7月23日(日)に大阪湾最大の鯛カブラ大会が開催される。

1497510816788.jpg

これは、大阪湾をホームとするルアー船の船長達が、「何かぱ~っとイベントしようぜ!」と盛る上がって企画されたらしい。
首謀者の一人である某船長は、「とはいうものの、人集まるかな・・・」と心配していたが、告知と同時に参加申し込みが殺到しているらしい。
何せ、2017の大阪湾鯛カブラチャンピオンを決めるイベント
盛り上がらないわけがない。
もちろんわしも参加するが、結果的に、しなやかであり、かつ、張りのある男がチャンピオンになるのだろう(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/822-9de46b34
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ