丹後イカメタル 身を挺してレクチャーする

2017.07.02(17:34)

いよいよ夏のお楽しみ
マイカ釣りがスタートした。


今年はシーズン初期から調子がよさそう。
各船の釣果を見ると、剣サイズも交えて数も上がっている様子





よし、わしらも出かけよう。


職場でメンバーを募ると、なんと10名ものイカしたヤツらが集まった。
中には、マイカ釣りは初めてだという者が3名
是非マイカを釣りたいのだという。

これは、何としても釣ってもらわねばならない。



準備1





じゅんび2













お世話になったのは、浅茂川漁港から出船するオールブルーさん



オールブルー









とても大きな船で、マイカ釣りだと定員は15人だが、それでもゆったりと釣ることができる。





この日は、西風が結構吹く予報で、船長もどうしようかと悩みながらの出船
しかし、海上は思ったほど波も風もなく、汁の心配もない



出港











さて、改めて参加メンバーを紹介しよう。


はいてんしょん







お馴染みの中みっちゃんうっちゃんK野ちゃんプク本
そして、マルチアングラーのおお谷に若きルアーマンのたつみ
そこにマイカ発チャレンジの彩ねぇつだコバが加わった総勢10名


それぞれが期待を胸に今シーズン初のマイカに挑む。




わしの役目は、何としても初心者たちにマイカを釣らせること
そのためには、身を挺してでもレクチャーしなければならない。

さて、どうすれば上手く伝えることができるだろうか・・・






最近は、明るいうちから剣サイズが乗る傾向

底付近をエギで探れば、いきなりギュン



がき









おっといけない。
カッコいいところを見せるのもいいが、わしが釣っても意味は無い

それより初心者たちに釣らせなければならない。







たつみにもギュン



たつみ












中みっちゃんにもギュン



なかみちスタート














K野ちゃんにもギュン


きのスタート








これがこの日のプロローグ
この後、この二人の独壇場となる。


その後居着きの群れが散ったのか、アタリが遠のいた。




そして、日も沈み、いよいよメタハラライトがオン


しばらく沈黙の後、ベイトが固まってきたころからスタート



ベイトの反応は30~40メートル

しかし、わしは底中心に攻める。





好調のK野ちゃんが入れ乗りさせる。



きの











中みっちゃんも負けじとバンバン乗せる。



なかみち






しかしわしには触りにも来ない。


タナを聞くと、30メートル前後

さっそくわしもタナを上げる。



しかし、一向にアタリがでない。

その間二人は順調に乗せ続ける。





タナを聞くと底付近

さっそくわしも底付近を誘う。



しかし、一向にアタリがでない。

その間二人は順調に乗せ続ける。





乗っているのは、鉛スッテ?
エギのサイズは?
カラーは?


わしもなるべく同様のものを付ける。


しかし、一向にアタリがでない。

その間二人は順調に乗せ続ける。




アクションは、狙いダナに止めて、大きくしゃくったり、タタいたり、その後にステイさせたり。

さっそくわしもアクションを真似る。



しかし、一向にアタリがでない。

その間二人は順調に乗せ続ける。





そうするうちに、わしの左側で釣る他のお客さんがバンバン掛けだした。
見れは、中オモリにエギを付けたオモリグ

タナを聞けば、結構上らしい


さっそくわしもオモリグ中層を攻める。



しかし、一向にアタリがでない。

その間そのお客さんは順調に乗せ続ける。


わしの右側では、オバマリグでK野ちゃん中みっちゃんも順調に乗せている。
わしの左側では、他のお客さんがオモリグでバンバン乗せている。




ベイトタックルのオバマリグで!?

底?
中層?




スピニングタックルのオモリグで!?

底?
中層?












わしの渾身のレクチャーにより、皆順調にマイカを乗せている。



うちだ






illust03_201707021707472bc.jpg









初チャレンジのつだコバ



こばつだ







つだ











彩ねぇも無事に初物



彩ねぇ









最初タックルさばきもままならなかったが、すぐにコツを掴んでバシっとアワセ



彩ねぇ2













何とか役目が果たせてホッとした。



えっ!?
わしが何をレクチャーしたんやと?



釣り方の手本は、中みっちゃんK野ちゃんに任せ、わしはいけない手本を受け持った。

決してブレず、決して自分を見失ってはいけないということを身を以てレクチャーしたつもりである。








2がき















そうそう、ラインにクラゲの足が絡みついても決してイライラせずに、丁寧に取り除くこと
イカメタルロッドのティップはとても繊細なので、無造作に扱うと簡単にこうなることも教えてやった。



なんてこった!










何て日だ!!















しかし、何があってもすべてこれで帳消し



いか1





いか2










ただ今4時30分
おやすみなさい・・・



いか3























次回のマイカ釣も初心者を2人連れていく予定
さて、次は何をレクチャーすべきか・・・
今から悩む(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

コメント
がきさん渋かった?
私6/30オールブルー乗りましたよ、
30杯でした。
【2017/07/02 20:15】 | 井口 #- | [edit]
イカは居てますね。
自分がヘタなだけです。
【2017/07/04 18:41】 | がき #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/823-8f34c091
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ