美味い鮎の焼き方

2017.07.09(16:22)

せっかくの休日だが、仕事が入るかもしれなかった。
なので、行を予定せずに様子を見ていたが、結局仕事は入らずに、ぽっかりと時間が空いた。





よし、アレをやろう


実は、前からやろうと思っていたことがあった・・・












先日、親戚でフレッシュなアングラーのまっちゃんが釣れたての鮎を届けてくれた。

鮎釣りはやらないわしだが、周りに鮎釣り師が多い
そのおかげでこの季節になれば、美味い恩恵を得ることが多い。



いつもは魚焼きグリルに並べて塩焼きにしている。
これでも十分美味いのだが、先日プロが焼いた鮎を喰って、改めて鮎の美味さを知った。








今回いただいた鮎は、奈良県の天川産
体高のある見事な魚体が艶やかに輝いている。



IMG_0018_20170709135902920.jpg













この鮎を、炭火で焼いてくれがきちゃん亭に持ち込んだ。




店主は、鮮やかな手つきで踊り串を打ち



IMG_0025_201707091359043e8.jpg







全体に軽く尺塩を振って、そのまま炭火にかざす。


しばらくすると、染み出た鮎のが口を伝い、ポトリと炭の上に落ちる。
すると、ジュンと香ばしいが上がる。



IMG_0028_20170709135905861.jpg










その煙に燻されて、またポトリと落ちる。
そしてジュンが上がる。



DSC_0719.jpg















その煙の香りだけでビールが飲めてしまう。



「鮎の身は煙で焼き、頭は脂で焼く」と、寿司処黒杉の大将に教えてもらった。

その言葉をイメージし、程よくいこった炭火の周りに串を立てて並べ、遠火でじっくり時間を掛けて焼き上げた。














さぁ、どうぞ



IMG_0035_201707091359077b4.jpg











箸で分厚い背中を割れば、パリッと焼きあがった皮の下からホクホクと湯気を上げながら真っ白な身が現れる。

中骨を抜けば、箸を置いてそのままかぶりつく。






美味い!!









川魚特有の細かい繊維の身を味わえば、爽やに蒼夏の芳香が鼻腔を抜けて行った。



















おしまい・・・






またしても、先ほど大雨洪水警報が発令された。
これ以上豪雨による被害が出ないことを祈る。
少し前までは、梅雨時の降雨状態を表すのに「男性的な」、「女性的な」という表現が使われていた。
ドバっと降れば男性的、しとしと降れば女性的という意味だが、最近はほとんど耳にすることは無い。
おそらく性差別的配慮が理由だろう。
ついうっかり口を滑らせて「女性的」などと言えば、「違うだろ! 違うだろ~!!」と叱られそうである(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

















スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/825-c2456361
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ