丹後のイカメタル プッとこいてプッとこいてプップップッ

2017.08.03(20:36)

前回の丹後イカメタル釣行は、到底納得できる釣果ではなかった。

なので、ここままで終わるわけにはいかない。




イカメタルの魅力は、まずはそのゲーム性にある。

イカメタルを操作して、ティップに出るアタリを掛け合わせると、ロッドが気持ちよく孤を描く。
「これはまぁまぁなサイズや」とか言いながらニコニコ顔でリールを巻く。
アタリの出方も様々で楽しい。
誘いのパターンやタナが刻々と変わり、その都度アジャストしていかなければならない。


もう一つの魅力は、やはり食味
これについては、今さら説明する必要はないだろう。
皆喰いたくて釣りに行くので、マイカ釣って「ありがとう」とか言いながらリリースするアホは居ないだろう。


そして、何よりもその季節感
夏限定の釣りなので、そのシーズンが近付くだけでワクワクし、釣具屋の特設コーナーでついつい余計なものを買ってしまう。
それだけ、このシーズンを心待ちにしている。


それほど楽しみなイカメタルなので、それなりに納得できる釣果を得たい。






そんなある日、同じ想いを胸にした3人の男が丹後の浅茂川漁港に居た。


楽しみなイカメタル、しかし激流で鉛スッテがブッ飛ばされて、散々な目にあったマサキ
楽しみなイカメタル、しかし目も開けていられないような豪雨により散々な目にあったシュージ
楽しみなイカメタル、初心者たちにいいところを見せようとイキった結果ブレまくって散々な目にあったがき



ガチT
















今度こそリベンジしなけれなならない。





お世話になったのはオールブルーさん



オールブルー











晴天のもと、午後6時に出港



晴天










「がきさん、カッパ要りませんかね?」と、マサキは真剣に心配するが、そんなものは当然無用である。










アンカーを落としたポイントは、水深53メートル

仕掛けを落としてみるも、12号の鉛スッテがほぼ真下に落ちるので、心配していた潮の流れは落ち着いている様子
これは釣れる要素しかない。



いよいよ楽しみなイカメタルがスタート



スタート



















それはそうと、この日わしはやたらが出て閉口した。


タックルの準備しながらプッ
仕掛け落としてプッ
誘ってプッ

プッ、プッ、プッ



屁をこくと、よく人は「調子ええなぁ~」と言う。





そうか
そうなのか


もしかして、わしはめっちゃ調子がいいのかもしれない











この日は、明るいうちのサービスタイムは無し




メタハラライトが点灯し、そろそろベイトが船下に集まってきたころ、まずはマサキプッとロッドを曲げた。



マサキ1











それが合図となり、プッとスタート



底からしゃくりあげてストップでプッ

レンジをキープして、ステイ~しゃくりを繰り返してプッ

細かくタタキを入れたあとステイでプッ



シュージ1














プッ



シュージ2














プッ



がき1













プッ



高活性













プッ



二人羽織














みな調子よく乗せてるが、なぜかわしだけサイズが悪い

最初は新子サイズをリリースしていたのだが、このままでは持って帰れるお土産が無い
しょうがないのでキープサイズを下げることにした。



ガキさんサイズ

















プッマサキ超サイズ



超サイズ
















プッシュージ超サイズ



超サイズ2













しかし、わしだけスカ屁新子がメインで、最大でも500mlのペットボトルサイズ



遠近法失敗
(遠近法を活用するつもりが結局わしの身体がデカくなっただけで失敗)











わしのプッは、どうやら他人の調子をよくしただけだったのかもしれない
それでも、アタリがあれば面白い

それほど沈黙の時間もなく、結局50パイオーバー
リリースを含めたら相当数を伸ばした。




イカメタルは確かにテクニカルな釣りだが、やはり状況がいい時に行くのがイチバンのようである。






ちなみに、なぜやたらが出たのかは不明のままである。



















そして、いつものルーティーン
これができなければ、わしはイカ釣りをやめる。



イカ刺し1








ただ今4時30分
おやすみなさい・・・



イカ刺し2

















最近80年代に流行った歌がリバイバル人気らしい
確かに名曲が多かった
懐かしい歌を耳にすると、同時に当時の思い出が浮かぶからかもしれない。
先日も、「私をスキーに連れて行って」と「彼女が水着に着替えたら」のホイチョイムービーを立て続けに見た。
それぞれユーミンとサザンの曲をバックに佇む原田知世がたまらなく可愛い。
それなりに歳を重ねた彼女だが、今でもとても可愛い(^^
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




















スポンサーサイト

コメント
お疲れ様です。
自分も来週息子と2馬力で出撃してきます。地味に流行っているオモリグ釣法を試してみます。ほんとは美味しく食べることが目的ですが、やはり釣り方も楽しみたいですね。
台風どっか行けぇ~!
【2017/08/05 22:40】 | Kazuhiro #- | [edit]
台風一過で状況上向き!!
頑張ってきてください。
オモリグは、もともと「中オモリ」と呼ばれていたものですね。
【2017/08/07 19:00】 | がき #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://fwiw4296.blog81.fc2.com/tb.php/833-dec2c607
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ