美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味い鯛茶漬けが喰いたい 

先日高松沖で釣った瀬戸内マダイ


実はそれ程期待していなかったのだが、腹を割ってびっくりした。

特に林船長が「これは美味そう」と言ったヤツは、腹腔内にワックス状の脂が付着しており、捌きながら自然とテンションが上がる。



この日のマダイ料理の一品は、鯛茶漬けにすると決めていたが、この茶漬けは下ごしらえに少々時間がかかるので、出来上がるまでの間にまずはじっくりと刺身を味わいたい。







瀬戸内マダイの刺身二種盛り



IMG_0051_20170930182001e2f.jpg













二種盛りのひとつは、普通の刺身


前述のとおり、今回のマダイはやや水っぽいと予想して、締まりと旨みを補う料理を準備していたがよい方に裏切られたので、まずは刺身でマダイ本来の味を楽しんでみた。

噛めばシコっとした歯ごたえで、上質な旨みが口の中に広がる。
それは、明石、加太、鳴門といったブランドマダイにも引けを取らない味の濃さ



IMG_0053_201709301820042b2.jpg

















もうひとつは、醤油麹漬けの刺身


サクにした身を醤油麹に漬け込んで、刺身に切ったもの

今回は、漬ける時間が1時間程度の浅漬けだが、それでも表面がべっ甲色にキュッと締まっている。

そのまま喰ってもいいが、山葵醤油にもよく合う。


モチっとした食感の後から、塩麹の10倍以上といわれる猛烈なグルタミン酸の旨みに襲われる。



IMG_0055_20170930182004131.jpg











美味い!!













これはチビーズ2号のリクエスト

瀬戸内マダイのカルパッチョ



IMG_0064_20170930182008cdc.jpg











素材がいいので、シンプルなレモンソースでいただくのがいい。


ペロッと完食







そして、いよいよ本日のメインの登場である。




鯛茶漬けにはいろいろあるが、わしが一番美味いと思うものを紹介したい。




まず、皮付きのまま湯霜にした身を薄く切って醤油ダレに漬け込んでおく



IMG_0059_20170930182005dbf.jpg










このタレにはすりゴマをたっぷり入れるのがミソ



IMG_0061_20170930182007e33.jpg











その間に、マダイのアラをじっくりと煮詰めて出汁を作る。





後は、熱々ご飯の上に飴色に色付いたマダイの身をたっぷり並べ、刻み海苔山葵をトッピング



IMG_0066_20170930182010873.jpg











そこにチンチンに熱した出汁を回し掛けて、最後に三つ葉を散らせば完成



IMG_0070_2017093018201286f.jpg












出汁に浮いた脂の粒を見れば、状態の良さが分かる。



IMG_0071_201709301820137cf.jpg







立ち昇る湯気をフっと吹き払い、そのままガサガサっとかき込んでやる。
口の中では、米、出汁、身と海苔、山葵、三つ葉が上に下にと混ざり合い、それらの味が一体となって鼻腔を突き抜けていく








美味い!!














これが、世界で一番美味い鯛茶漬けである。

時間を掛けてこしらえて、喰うのは一瞬
美味い時を逃さず喰うのが、この料理の神髄である。




最近体調を崩して食が進まないという父も、「美味いなぁ~」と笑顔で口にしていた。


わしの魚料理が一番だと言ってくれる父には、これからも美味い魚をバンバン喰ってもらいたい。




















おしまい・・・









衆議院が解散した。
特に政治に詳しくないが、今、おかしな起こっていることぐらいは分かる。
リセットや大改革など耳触りのいい言葉ばかりで何モノかも分からぬ団体に、なりふり構わずすり寄る姿は見ていて白けてしまう。
「名を捨てて実を取る」などと、無節操を正当化するが、もうそんな言葉に騙される有権者は居ないだろう。
一体何をしてるのやら・・・
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





















スポンサーサイト

Comment

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。