FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

思いっきり牡蠣のオイル漬け 

先日、古い友人たちに会いに広島県に出かけた。

広島市に住む友人が、美味い料理でもてなしてくれ、皆で飛び切り楽しい時間を過ごした。





わしが広島に行ったとき、土産として必ず買うのがもみじ饅頭牡蠣のオイル漬け



1牡蠣オイル土産1











小さな瓶で1,000円以上もするお土産価格だが、ほんまに美味いので必ず買って帰る。



旨みがギュッと詰まった牡蠣の身が、サラッとしたオイルに絡んでまさに絶品
ちびりと摘まみながら、グビっとビールを飲んで、ひとり至福のときを味わう。



2牡蠣オイル土産2












さて、今日も密かに楽しもうと瓶を手にすると、キラキラと光るオイルの中には牡蠣の断片が漂うのみ






やられた・・・




どうやら、他にもこの美味さを知る者が居るらしい。


ならば、自分で作って思う存分味わってやろうということになった。







牡蠣のオイル漬け、実は簡単に作ることができる。

なので、以下わしのレシピを紹介しよう。






まずは、スーパーで剥き身の牡蠣を調達

特に上等のものは必要なく、賞味期限が迫った「〇〇%引き」のもので十分





これをさっと水洗い(塩モミなどのアク出しは不要)



牡蠣①










これを、油ひかずにフライパンで加熱



牡蠣②









身が潰れないよう軽くフライパンを振れば、どんどん水分(牡蠣エキス)が出てくるので、これで煮詰めるように加熱してやる。



牡蠣③
(自分が出した旨みで煮られてどんどん美味くなる感じ)










ある程度煮詰まって水分が飛べば、全体にオイスターソースを回しかけてやる。



牡蠣④
(自らが原料のソースでさらに美味くなる感じ)












この時点で、すでに立派なアテとして完成



牡蠣⑤
(我慢できなければ、ここでビールを飲んでも結構)










密封できる瓶を鷹の爪ニンニクスライスローリエを入れたオリーブオイルで満たし、そこに牡蠣の身を沈めてやる。



牡蠣⑥







牡蠣⑧











そこからしばらく寝かせ、オイルと牡蠣を馴染ませてやる。



牡蠣⑨















そして3日後・・・





牡蠣料理1













このまま喰っても、もちろん悶絶級だが、せっかくなのでアレンジ2品




牡蠣オイルとほうれん草のパスタ



牡蠣パスタ













イタリア人でなくてもこの美味さは沁み渡る。









さらにこんなイタリアン




牡蠣オイル漬けのブルスケッタ



牡蠣バゲット













カリカリに焼いたバゲットの上に、薄く切ったカマンベールチーズレモン片



牡蠣バゲット2










齧れば、カリっとしたバゲットの歯ごたえの後に濃厚な牡蠣の旨みが口の中にぶわーっと押し寄せてくる。
その味と歯ごたえを楽しみながら噛み進めれば、チーズとレモンの酸味が見事に後味を整えてくれる。







美味い!!













まだまだ寒い日が続くが、その季節ならではの美味いものを味わいたい。











別に釣りに行かなくても美味いもん喰えるやん!


















おしまい・・・







おいおい、確かここって釣りブログやったよなぁ
がきさんが釣り止めたってホンマかぁ~(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





















スポンサーサイト



Comment

Add your comment