美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

田辺沖 黒くてデカいやつがいい 

チビーズ1号の誕生日





一応何が喰いたいか尋ねてやる。


「お、俺なぁ~」

「分かった、みなまで言うな」



「ち、違うねん 俺なぁ~」

「分かってる、わしに任せておけ」




「お、俺・・・」






最後まで聞かなくても分かっている。
何が喰いたいのかは分かっている。


その望みに応えてやろう。

必ずや、黒くてデカいやつを喰わせてやろう。
脂の乗った、飛び切りのやつを









さっそく車を南に向けて走らせる。






お世話になったのは、和歌山県田辺市の内之浦漁港から出船する太郎丸さん



IMG_0001_20180309084748369.jpg











結構な風予報だが、ちょっと柴田恭平に似た船長は「関係ないね」という。
東の風なので大丈夫だという。



全身防水仕様で大汁に備えるK太さんNAKAI君きはらっちも、黒くてデカいやつを狙いに来た。



IMG_0004_20180309084750410.jpg












沖に出ると、黒くておどろおどろしい雲が分厚く垂れるが、それほど風もなくて何とかなりそう。



IMG_0006_201803090847512e4.jpg










水深250メートルからスタート
2枚潮に備え、ジグを400グラムに統一して同時に投入

着底の感じからそれほど潮はややこしくなさそう。
しかし、底潮は動いていない様子



魚の反応は、底から10メートル前後


ハンドルを1/2回転で刻みながら20回ほど数えたところで持ち上げるロッドが止まった。

結構な重量感なので、いきなりの本命かもしれない。


しかしこれは100メートル位巻いたところで残念ながらフックオフ



その後が続かない。

近くを流すエサ釣りの船では連でキンメが上がっているので魚は居る。





何とか魚の顔が見たいと懸命に探っていると、先ほどと同じようなアタリ


うねりの上下をいなしながら上げてきたのは、それほどデカくないが黒いやつ



IMG_0008_2018030908475340a.jpg













やれやれ・・・






次はデカいやつをと再びジグを落とすが、なかなか反応を示さない。




隣で釣るイズ川君も丁寧に探るが無反応



1520495285168.jpg










デカくて黒いやつを引き出そうと皆懸命に探るも無反応



IMG_0016_2018030908475785e.jpg












そうこうしていると




ボボボボボー



ビュービュービュー



ザブザブザブザブ






いきなり風が強まった。







これ以上は危険な状態となり、ここで無念の撤収



IMG_0011_2018030908475441e.jpg











帰宅後に、それほどデカくないが黒いやつを捌く



片身を炙り、もう片身を刺身








さぁ、喰らえ!!



IMG_0021_20180309084800911.jpg





IMG_0024_201803090848021d1.jpg





IMG_0027_20180309084803fd4.jpg





IMG_0032_20180309084805409.jpg




















「ち、違うねん」

「俺なぁ~ 肉がええねん すき焼きが喰いたいねん」



IMG_0037_20180309084808bda.jpg












人の話は最後まで聞けという話である。




















おしまい・・・








それにしても、このクロムツは、見事な脂の乗りで絶品だった。

IMG_0034_201803090848064a5.jpg

あちこちから箸が伸び、あっという間に完食(^^b
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

Add your comment