FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

輪島でドーン ヒラマサがバーン! 

石川県の輪島沖がアツいことは聞いていた。
モンスターが数多くキャッチされているのを聞いていた。


「がきさんも一度輪島のポテンシャルを味わってや~」と前々からお誘いいただいていたところ、やっとタイミングが合った。



GO! GO!! である。










メンバーは、チームFreeRunK太代表をはじめ、SKちゃんNAKAI君マサちゃんきはらっちの総勢6名


お世話になったのは、輪島の名船 諏訪丸さん



IMG_0016_201805242005329b8.jpg


















状況を聞けば、今シーズンは、まだほとんどポイントを叩いておらず、またベイトのトビウオが入っているため期待ができるという。
先日も20キロオーバーが出たという話を聞き、わしらの胸も高まる。


タックルはPE8号、6号、5号だが、その話を聞けば、8号を準備していてよかったと思う。




この2日間は、本気でモンスターに挑むつもりである。






約1時間走ってポイントに到着


適度な風があり、潮もいい感じで大物の雰囲気がムンムン




久しぶりのキャスティングなので、まずは肩慣らしと6号タックルを手にする。

投げるプラグもお気に入りの1軍





さぁ、はじめよう。







きはらっちを除く5人で、ひと流しごとにローテーション





まずは、K太さんがさくっとレギュラーサイズ



1526973111041.jpg


















順調なスタートで、皆のテンションも上がる。



が、時折チェイスがあるも、後が続かない。


晴天で、心地よい風を受けて徐々にまったりとした空気が流れ始める。





「私、晩ごはんのオカズ釣るわ~」と、インチクを巻くきはらっちに良型のマハタ



IMG_0002_20180524200526626.jpg






「でかした!!」と、船上は大盛り上がり








そろそろいいヤツを釣りたいと、プラグを引く腕に力を込める。

ジュポっと泡を噛んで潜ったプラグがポンと浮いた瞬間、ドバっと水柱


ひと呼吸おいてロッドが引ったくられる。




「出た!!」

しかもデカい





真っ向勝負をとロッドを立てた瞬間に、パーンと乾いた音を立ててラインブレイク

やってもうた。



水柱とロッドの曲りから、かなりの大物だということが分かる。


起こったことの重大さを知り、全身の力が抜ける。

本気でモンスターに挑むと言いながら6号タックルを手にしていた。
水深6メートルを意識してドラグを締め過ぎていた。



完全なわしのミスファイトである。



推定15キロのヒラマサは、お気に入りのプラグを咥えて海の中に消えて行った。




しかしこれを見て、皆一気に戦闘モード

強めのタックルを手に、一心不乱にプラグを投げ込む。








次に喰わせたのは、マサちゃん


出た瞬間から船長が「デカい!!」と叫んだ。




これまた浅い瀬周りなので、ある程度巻いたら船で引っ張って瀬から引き離す。

根ズレの心配はなくなったものの、猛烈な引きにマサちゃんは顔を歪ませてて必死で耐える。



IMG_0006_2018052420521705b.jpg







皆のサポートを受けて必死に耐える。

ノサれそうになるロッドをK太さんが横から手を添えると、そのままロッドを渡そうとする。

それを「コラっ」と叱りながら、それでもフォローを続ける。

「もうダメ」と諦めそうになるマサちゃんを周りが「頑張れ~」と応援する。



「アカン・・・」

「頑張れ~」

「アカン・・・」

「頑張れ~」




と、安もんのスポ根ドラマのようなシーンを繰り返しながら、上がってきたのは堂々の18キロ



IMG_0008_20180524200527735.jpg








IMG_0011_20180524200529c19.jpg
(船長がニヤリとしながら「さっき切られたヤツもこれぐらいやで」)












何はともあれ、お見事である。



IMG_0013_20180524200530146.jpg

















これがこの日のクライマックスとなった。








その後も、何とかもう一度喰わせようと必死でプラグを投げ続けるわし
「がきさん頑張れ~」と言ってほしくて投げ続けるわし
帰港時間が近づいても、諦めずに投げ続けるわし


そんなわしに、輪島の海が応えぬわけはない。




再び派手な水柱とともにバーンとロッドが引ったくられた。


思い切りリールを巻いて間合いを詰め、ロッドを立ててリフトにかかる。
ドラグがチリリと鳴る。




これもデカい



1526973101612.jpg



















が、プンと無念のフックオフ








終了である。









この日は、船長に紹介していただいた居酒屋のご好意で、持ち込んだ魚を料理していただけることになった。



IMG_0019_201805242005338ca.jpg
(持ち込んだのは、K太さんが釣ったヒラマサときはらっちのマハタ、ソイ、アコウ)













ホテルでひとっ風呂浴びて夕食へ



IMG_0020_20180524200535f64.jpg








1526973104534.jpg













美味い魚楽しい時間を思い切り満喫した。



IMG_0026_201805242005385de.jpg








IMG_0024_20180524200536f8b.jpg








IMG_0027_20180524200540907.jpg








IMG_0029_20180524200541c5c.jpg








IMG_0031_201805242005442a4.jpg








IMG_0033_2018052420054505c.jpg








IMG_0035_20180524200547470.jpg








IMG_0039_201805242005488e7.jpg





















そして翌日、またこの男がやりやがった。


IMG_0040_201805242006030ab.jpg















これも堂々の10.5キロ


まさに、マサちゃんヒラマサ祭りである。



IMG_0048_20180524200612bcf.jpg























この日も好天に恵まれて、楽しい時間を過ごした。



IMG_0043_20180524200607a6d.jpg








IMG_0041_20180524200604f17.jpg








IMG_0046_20180524200610934.jpg








IMG_0042_20180524200606dee.jpg











SKちゃんも、推定10キロオーバーを掛けるもラインブレイク




2日間で、4本の10キロオーバーのヒットは凄いと思う。

輪島の海の実力を見せつけられた釣行であった。










わし自身満足な釣果をあげることはできなかったが、それ以上に得るものが多かった。



アツいメンバーをはじめ、船長ローカルのプロショップの代表からいろいろな話を聞き、いろいろなことを教えてもらった。



IMG_0050_2018052420061366c.jpg













プラグサイズ

タックルバランス

フックシステム

リーダーのセッティングなどなど


まだまだ考えることが多い。





また来よう。

大きな忘れ物を取りに、輪島の海に







噂の金沢カレーのゴーゴーカレーで、ロースカツカレーのビジネスクラス(大)キャベツ大盛りを喰って、この釣行を締めくくった。



IMG_0052_20180524200615d57.jpg













さぁ、大阪へ帰ろう。


GO! GO!! である。




















おしまい・・・










少女は、小学生の頃からヤングマンが大好きだった。
発売されたレコードはすべて買って、歌番組では一緒に口ずさんだ。
もちろんコンサートにも通い、ペンライトを振って黄色い声援を送った。
そのヤングマンが逝った。
またひとつ、昭和の大スターが居なくなった。
あのときの少女は今、テレビの前に座って呆然とニュースを見ている。
これからは、わしが代わりに傷だらけのローラを歌ってやろう。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村






















スポンサーサイト

Comment

Add your comment