FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

真鱈料理の主役 

先日わしが釣り上げた良型のタラ

その腹部は、今にもはち切れそうに盛り上げっている。
船長も「これは白子たっぷり入ってるで~」とお墨付きをくれた。


わしの大好きな白子ポン酢が思う存分味わえる。
船長と白子の下処理や保存の方法などで大いに盛り上がり、わしの頭の中には乳白色の白子が溢れ、後はポン酢を掛けるだけでいつでも喰える状態になった。

帰りの車の中でも、ついテンションが上がり、過去の白子料理のレシピや味わいを自慢げに披露し、聞く者を羨ましがらせた。





そして帰宅後



プク本から「これ、白子ですよね」と画像が送られてきた。



プク本白子










「おめでとう~ これで君も白子が味わえるなぁ~」とわしもご機嫌

ぶっちからも「2本入ってた」と美味い報告に「それはよかった」とわしもご機嫌


運よく白子に巡り合えた者は、思い切り白子料理を堪能して欲しい







では、わしも料理に取り掛かろう。




俎板の上で開腹を待つタラの肛門からそっと包丁の刃先を入れる。

腹いっぱいに詰まった白子を傷付けないように、丁寧に開いていく。













アレ?




アレレレレ~?




もしも~し









開腹を待ちわびた大量の白子が溢れ出てくるはずなのだが・・・



あれっ?














出てきたのは立派な肝とパンパンにベイトが詰まった胃袋

そっと肝を持ち上げてみると、はにかんだ様子で真子が隠れていた。



だったのか・・・


これだけはしょうがない。








では、気を取り直してタラ料理を進めよう。

白子の楽しみがついえたとはいえ、タラはとても美味い魚
飛び切りのタラ料理を鱈腹いただこう。





まずは鍋物から


タラチリ



IMG_0038_20180929151718831.jpg








タラのアラを煮詰めた出汁にたっぷりの野菜とともに身を潜らせてやる。
淡白ながら、意外と皮ぎしにはゼラチン質が豊富で、特にカマの肉は見離れがよく非常に美味い







大きな真子は、やや薄味で煮付けてやる。


真子の煮付け



真子煮









あれだけ白子が美味いのだから、真子が美味くないはずは無い





久しぶりに喰いたかったのがこれ


タラフライ



フライ










サクッとした衣の中からホクホクの身が現れる。

あわせるのは特製タルタルソース



タルタル









これををたっぷりと付けて、口いっぱいに頬張ると









美味い!!






これはどうだ!


フィッシュバーガー



バーガー1









これも特製タルタルソースをたっぷり掛けて、大きく口を開けてひとかぶり




バーガー2












サクサク衣に包まれたタラの身を、タルタルソースの旨みとスライスチーズの塩味が後押し
それは決してファストフード店では出せない味



美味い!!











実はタラの肝も非常に美味い

特上の肝は、北新地の名店の大将から教えてもらった調理法で



肝









まずは酒でさっと洗ったら適当に切り分けて調味液(カツオ出汁、昆布、醤油、みりん)とともにジップロックへ



肝煮1










鍋に湯を張り、約80度の温度で3時間の低温調理

仕上がれば、粗熱を冷まして冷蔵庫で冷やしながら味を落ち着かせる。



肝煮2









普通に煮れば、どうしても旨みが流れ出てしますが、こう調理すれば旨みをカチッと閉じ込めることができる。



肝煮3















タラ肝煮



肝煮4












ひと口大に切り分けたものを口に入れる



肝煮5












肝特有のコクを感じたその後からバーンと来た。
(経験したことはないが)まるでハザードランプを点灯しながら渋滞の最後尾に停車した瞬間に後ろから思い切り追突された感じ

完全に油断していた。








美味い!!




美味い!!




濃縮された猛烈な肝の旨みに襲われた。
それでいてしつこくない。

肝の美味いところを更に美味く味わえる料理である。






小さいサイズのタラは、ムシカレイとともに酒干し

海水程度の濃度の塩水とたっぷりの日本酒を加えたものに約1時間浸し、ネットに入れて一夜干し



酒干し









キュッと旨みが詰まった白身が楽しみである。







こうして良型のタラ(♀)を心行くまで味わった。






真鱈料理万歳!




















おしまい・・・







またひとつ、大好きなブログが休止された
それは、わしが情報を得、参考にし、また目標としていたブログである。
わしがこのブログを始めて10年近く経つが、そのころコメントのやり取りをしていたブログは今はほとんどない。
かつてホームページからブログへ移行したように、これも時代の流れなのだろう。
ブックマークしたブログを毎日巡回するのが楽しみだったが、ブログランキングのポイントの低迷を見ても分かるとおり、今やもう求められていないのかもしれない。
確かにFacebookやInstagramをはじめとするSNSの手軽さ、リアルタイムさ、レスポンスのよさなどが受け入れられるのだろう。
もちろんわしもアカウントは持っている。
でも、元々自身の釣り日記として始めたこのブログ
ときおり酒を飲みながら振り返るのが楽しい。
時代遅れなのかもしれないが、わしはもう少し続けてみたいと思う(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




















スポンサーサイト

Comment

Name - ガキさんファン  

Title - 

いつも読ませていただいています。
読んでて、本当に笑顔になれるブログです!色々と勉強にもなります。頑張って続けてください!応援しています^ ^
2018.09.29 Sat 19:49
Edit | Reply |  

Name - ファンの一人。  

Title - いつも楽しみに拝見しています。

いつも楽しみに拝見しています。ジギング船、アシストフック、ロッド、リール、小物などなど参考にしているものは数知れずです。ブログを続けて頂けると嬉しいです。
2018.09.30 Sun 15:40
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - ガキさんファンさま

>「本当に笑顔になれるブログです!」
ありがとうございます。
ありがとうございます。

「自身の日記」とか言いながら、やっぱりそう言っていただくのはとても励みになります。
拙いブログですが、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2018.10.01 Mon 18:45
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - ファンの一人さま

ちゃんと参考になっていますか(^^;
でも、かつて自分もいろんな方のブログを巡回し、楽しみにし、そそていろいろな情報を仕入れてそれらを自分なりに参考ししながらやってきました。
今、自分のブログが少しでもそのようなブログに近付けているのなら、それほど嬉しいことはありません。
これからも、何かとネタを探し、しょぼい釣行記をアップしていくつもりなので、今後もよろしくお願いいたします!
ありがとうございます。
2018.10.01 Mon 18:50
Edit | Reply |  

Name - jigger  

Title - 

長くやっていると
フと昔の記事を読み返したくなる時ってありますよね~
それは古い日記を読み返すように
当時の感覚が一気に戻ってくる瞬間です!!

確かに今となっては「ブログ」は流行らない文化なのかも知れません
でも、昭和のオッサンにはちょうど良いようにも思います
スマートさや手軽さよりも
「拘り!!」
心の中のアナログ感覚は格好や風体に関係なく
丁寧に正確に物事を行っていく道標!
万歳、ブログ!!
2018.10.01 Mon 23:49
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - jigger

同感です。
また、ブログを通じて多くの方との交流が生まれ、それが今でもお付き合いをさせていただけてるのが一番の財産です。
ブログならではの良さを大切にまもっていきたいと思います。
万歳、ブログ!!
2018.10.02 Tue 08:23
Edit | Reply |  

Add your comment