FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

明石の青物回復!? 

前回、前々回と続けて撃沈を喰らった明石沖の青物

ノマセではよく釣れているようなので、魚は大量に居るはず。
ジグでは「しゃくりが合えば」釣れるようだが、合わなければハマチ1本釣るのにも苦労する。

タチウオも小型ばかりで、一向に状況は上向かず。




まぁアカンやろと最初から半ば諦めているので、その分気分は楽である。






今回は、大阪市大正区から出船するシーパラダイスさん

伊賀船長には、以前からチームGACHIの大会などでお世話になっていた。


来月の身内のイベントでも船を出していただくので、挨拶とプラを兼ねてお邪魔することにした。



IMG_0001_20181027093956c58.jpg










メンバーは、チームGACHIAN会長マサキ そこに職場後輩のプク本も名乗りを上げた。







天気は快晴


精神統一するAN会長には神々しい光が差していたので、大漁を祈願して手を合わせる。



IMG_0004_20181027110239674.jpg











船長から前日の状況を聞くと、結構ブリ、メジロが上がったらしい。
それでも簡単ではなく、やはり「しゃくりが合えば」釣れるらしい。


この日のプランは、まず西側海域でハマチ、メジロを狙い、潮止まりの一瞬だけタチウオ
転流後は東側でメジロ、ブリを狙う。


伊賀船長のテンションに触発され、皆のテンションも上がるが、先週の状況を知るわしだけは冷静を保つ。
「しゃくりが合わない」と釣れないことを忘れてはいけない。



プク本は、明石ジギング初体験
なので、明石の楽しさと怖さを説明してやる。








まずは、西側海域の浅場から。



分かっている。
「しゃくりが合わないと」釣れないことを・・・

では、そのしゃくりを探そうと、着底したジグを巻き出したとき


「がきさん、しゃくり合わな釣れへん、でぇ~」

「ポンポン、ポーンや、でぇ~」と頭の中でダミ声が蘇った。



ヤバい、おかしくなる。

そう思い、思わず「ポーン」と強めのしゃくりをいれたら、そこに「反応出たで」と伊賀船長の声がシンクロ




ゴン





「しゃくりが合った」結果である。



IMG_0006_201810270939594c0.jpg
















すかさず「しゃくりが合った」プク本も追従



IMG_0008_20181027094001d92.jpg

















国土交通省の示すお手本のような位置に、しっかりとライジャケを装備したAN会長



IMG_0014_201810270940046ac.jpg















軽快なしゃくりでハマチを連発



IMG_0013_20181027094002f9c.jpg
















その後、ジグを甘噛みするが、「しゃくりが合わず」に沈黙が続く。

しかし、前回よりは魚の気配を感じるので、この先予断を許さない






潮止まりのタチウオは、反応が出ずにひと流しで終了







ポイントを大きく移動し、いよいよ東側へ向かう。

まだ潮が来ていないので、ジギング船の姿は見えない。



「お遊びは終わり、ここからは殺るか殺られるかや」と、ここが事前に話した怖いポイントであることを伝える。
その言葉に、プク本の唾を飲み込む音がゴクリと聞こえる。




水深50メートルから一気に30メートルまで駆け上がる。
高さ20メートルの険しい磯際に魚が付いている。



「反応出たで」と伊賀船長の声と共に一気にロッドが絞り込まれる。


先に魚が付いている者
ジグを磯に持って行かれる者


一瞬の間に天国と地獄が分かれる。

明石の海が牙を剥き、潮流は5ノットを超える。
根ガカリでジグロストやラインブレイクを繰り返しながら、幸運な者は魚を手に入れる。



ここでは「しゃくり」は関係ない。



IMG_0019_20181027094008c2f.jpg









IMG_0018_2018102709400796c.jpg













そんな中、同船のビギナーさんプク本が大健闘
明石の洗礼を受けながら、掛けた魚の引きは格別だろう。





さて、冒頭のメンバー紹介以外に、ここまで一度も出番がなかったマサキ
気になる方のために、少しだけ様子を紹介しておく。




IMG_0016_20181027094005dc1.jpg
(リーダーを組み直すもボビンノッターが壊れ、仕方なくFGノットを組む図)










IMG_0020_201810270940103e4.jpg
(相次ぐジグロストに釣果が伴わない悲しさを背中で語る図)












こんな感じで、明石釣行は終わった。

結局タチウオができず、まったくプラにはならなかった。






えっ、わし!?

わしはいつも絶好調である。



1540597636289.jpg



















おしまい・・・







中国へのODA終了って
まだやってたん(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



≪楽天ショッピング≫















スポンサーサイト

Comment

Name - Kazuhiro  

Title - がきさん

ずいぶんお久しぶりです。
大役だった秋祭りも終わり、やっと普通の生活に戻れました。
3日が楽しみです。同時に、激流明石の怖さに恐れています。
天気も良さそうですね。親子ともに、いろいろとよろしくお願いします。

2018.10.29 Mon 22:04
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - Kazuhiroさま

秋晴れの下、みんなで1日思い切り遊びましょうね~!
明石の海も、賑やかになってますよ(^^v
2018.10.31 Wed 19:28
Edit | Reply |  

Add your comment