FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

徳島県伊島周り カワハギトーナメンターの集い 

カワハギ釣りの名手たちが集い、技を競い合うというので、若輩ながらわしも参加してきた。

ルールはシンプルに、数の部1・2位とブービーに、長寸1位が入賞




船は、阿南市橘港から出船する清和丸さん



1544862439888.jpg










まだ薄暗い港には、12名の参加者が集合し、着々と準備を進めている。

その手馴れた様子や無駄の無い振る舞いから、皆さんかなりの腕利きなのが分かる。
わしもそこそこ自信はあるが、その迫力には思わず圧倒される。



Ⅲ号艇とⅦ号艇に別れて乗り込むが、その前に抽選で船と釣り座を決める。
わしはⅦ号艇の右舷胴




片舷に3名なのでゆったりと釣りができる。

左右の同船者に挨拶するが、いずれもライバルなので会釈する目は笑っていない



船長の話では、最近数は上がっていないが魚は多く、決して状況は悪くないという。
(釣れなければ腕が悪いという意味)





いよいよ大会がスタート

わしは、やや柔らかい7:3調子のロッドをチョイス



まずはあまり誘わずに魚の居る層を探る。

底にオモリを置き、ゼロテンションで様子を見る。
徐々に誘い上げながら中層に持って行く

しかし、水温が18度近くあるのにあまりエサが盗られない。



そんな中、ミヨシ側の方が続けざまにヒット
見ていると、底で軽くタタキを入れ、そのまま暫くステイさせるというオーソドックスな攻め方
わしも同様の動きをするが、アタリが出ない。

再び仕掛けを底に置いてゼロテンションを保つとスーパーメタルトップにもたれるような感覚の後にクンと入るアタリ
これを聞き合わせで捕らえて1枚目



IMG_0001_201812182123084fb.jpg









これがヒットパターンという訳でもなく、その後は叩いたり緩めたり、誘い上げたり下げたり・・・といろいろ駆使するが、これといった時合いも無く、またこれといったポイントも見付からずにポツポツとアタるのみ



IMG_0002_20181218212310b9b.jpg










平均して型は良いが、名手をもってしても2桁に届かない者も居る。

Ⅲ号艇も苦戦しているらしい。


確かに魚は居るが、水温が高いために広範囲に散っていて密度が低いのだろう。
水温低下により越冬場に固まった群れを直撃する冬のカワハギ釣りの条件が整っていないのだと思う。


結局状況が好転しないまま終了の時間を迎えた。





img_8_m.gif








img_7_m.gif









img_4_m.gif








img_3_m.gif
















そしていよいよ成績発表



最多賞は東京都から参加のK月氏

わしの隣でコンスタントに釣り上げていた。
パターンを聞くと、「ボク、引き出し2つしかないんですけどねぇ~」と謙遜されていた。



IMG_0005_201812182123168e1.jpg












続いて2位は、大阪府のK野氏

Ⅲ号艇に乗られており、出だしにつまずいたものの後半追い上げての入賞
パターンは、「激しく誘って後は待つ」という、顔に似合わぬエロい作戦



IMG_0008_201812182123193a6.jpg











ブービーは、兵庫県のK川氏

健康の秘訣は、「毎朝の柔軟体操と寒風摩擦」だと話されていた。



IMG_0012_201812182123242a2.jpg












わしは、何とか最長寸

パターンは、超高感度のティップを生かし、弛ませを交えたゼロテンション










最後に参加者全員で記念撮影

大会前は、ライバル同士の緊迫した雰囲気に包まれていたが、戦いが終わればカワハギ好きばかり
皆初対面ながらすっかりと打ち解けていた。



IMG_0014_2018121821232595c.jpg














「美味いラーメン屋があるんですが、よかったら一緒に如何ですか」

打ち解けた者同士で美味いラーメンを喰って



IMG_0015_201812182123262c5.jpg








IMG_0018_20181218212328aa9.jpg












打ち解けた者同士で一緒に車に乗って、いろいろな話をしながら帰路に就いた。
















おしまい・・・







行きの車の中で「竿を海に落とすヤツ」の話をしていた。
竿を海に落としたヤツらは、皆必ず同じ顔になる。
呆然とした顔になる。
キャストした勢いで投げるヤツ
アワセた勢いで落とすヤツ
ジグを投げる勢いで両手を離すヤツ
根ガカリを外そうと引っ張った勢いで手を離すヤツ
そして今回もまた・・・
同じ顔になったヤツが居た(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村























スポンサーサイト

Comment

Add your comment