FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

南紀の恵みのクロとアカ 

今年最後の釣行に続くのは、今年最後の「美味い!!編」



前回のカワハギ料理では多くの方から、「見ているだけで足の親指の付け根がチクチクするわ」大変ありがたい感想をいただいた。

今回も期待を裏切らぬよう、美味い料理を紹介するので、思う存分ご賞味いただきたい。








まずは、クロ系の魚から



クロムツの炙り



IMG_0006_20181230202402335.jpg









この魚の定番ともいえる料理だが、しっとりと脂が乗った身を味わうのには一番適した調理である。

脂の乗り具合で、刺身の厚さを調節し、ポン酢と醤油をお好みで使い分ければいい。



IMG_0007_2018123020240373c.jpg








添えてあるのは、チカメキントキの肝



IMG_0010_20181230202405368.jpg










腹を割った時にいい肝が入っていたので、肝刺しにしてみた。

カワハギの肝を想像していたが、それはまったく違った食感
しゃきっとした歯ごたえとともに爽やかな旨みが広がってくる。
牛のレバ刺しに近いといえば分りやすいかもしれない。









クロムツの煮付け



IMG_0003_201812302024009c1.jpg









中、小型のものを筒切りにし、甘辛く煮付けてある。
白身のきれいな身は煮付けるにはもってこい



IMG_0002_20181230202359878.jpg












厚い身を箸で摘まめば、身離れがよい身がほろりととれる。
甘辛い味付けが、程よく乗った脂の甘さを引き立てる。









クロシビカマスの剥き身タタキ



IMG_0012_20181230202406f6c.jpg








鋭い歯でスパスパとラインを切っていく厄介者だが、味は格別

ただ、この魚独特の骨の入り方で、そのままでは刺身では喰えない。
なので、三枚におろした身をスプーンで剝き取り、奴ネギを絡めて軽くタタいてやる。

山葵醤油をちょぼっと垂らせば、武骨な姿からは想像できないような上品な味が楽しめる。





焼海苔とシャリを準備すれば、こんな楽しみ方もある。

クロシビカマスの手巻き寿司



IMG_0017_20181230202408156.jpg










ついでにこれも巻いてやろう

クロムツとチカメキントキの肝の手巻き寿司



IMG_0019_20181230202409223.jpg






これは、釣らなければ絶対に喰えない寿司である。










続いてアカ系

本来はここでアカムツを紹介したいところだが、残念ながら今回の釣行では手に入らず。
しかし、それに代わる美味い魚が釣れたので紹介しよう。



レンコダイの棒寿司



IMG_0024_201812302023220e9.jpg

















丁度いい大きさのレンコダイが釣れたら必ずやるのがこれ
マダイに比べてやや水っぽい身は、その分酢締めがよく合う。

いつもはネタに土生姜を塗るのだが、今回はこれを試してみたところ、大正解



IMG_0022_20181230202320daf.jpg









レンコダイの棒寿司の味を見事に引き締めてくれた。



IMG_0028_20181230202323f20.jpg
















レンコダイの酒干し




レンコ2






やや水っぽいのは前述のとおり
日本酒で割った塩水に1時間ほど漬けたのち寒風に当てれば、水分が飛んで旨みが凝縮




せっかくのいい素材なので、炭火でじっくりと焼き上げてみた。



レンコ1









大量の大根おろしとともにいただけば、レンコダイが本当に美味い魚なのが分かる。










うれしい外道の大振りのスルメイカも、醤油ダレにじっくり漬けて干してみた


スルメイカのミリン干し



イカ1







イカ2









炙ったミリン干しにマヨネーズ醤油に一味を絡めれば、矢代亜紀と一緒に杯を重ねることができる。











あっという間に美味しい時間が過ぎて、いよいよ最後の魚

チカメキントキの刺身



IMG_0031_2018123020232573e.jpg









一口喰って、捌いているときに感じた自信が確信に変わった。

白身とは思えないような上品な脂の乗り


アカムツやキンメダイとはまた違った身質だが、遜色ない旨みを湛えている。
今回は刺身で喰ったが、どのような料理にしても悶絶するぐらい美味いだろう。



IMG_0034_201812302023260b6.jpg












最後のシメは、チカメキントキの潮汁



IMG_0037_20181230202328708.jpg











平べったい魚体なのでアラもたっぷり

そのアラを煮詰めれば、濃厚な出汁が取れる。
一つまみの塩で味を整えただけの一品だが、その分純粋な美味さを湛えた逸品


キラキラと輝く珠のような脂が既に美味い。



IMG_0038_201812302023298d9.jpg











こうして今年最後の釣行で得た魚たちを余すところなく味わった。


その味を現す言葉は、ただひとこと






美味い!!

















おしまい・・・






今年も釣りを通じ、多く魚、そして多くのの方たちと出会えた。
一期一会
来年もそんな出会いを大切にしたいと思う。
これが年内最後の更新となるが、わしの周りのすべての方々が、良い年を迎えられることを祈る。
そして、何よりわしの多幸を願う(^^b
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト

Comment

Add your comment