FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

ボクの職場体験 

2年生になれば、楽しみにしていた職場体験の授業がある。
ボクは、ずっと前から行く職場を決めているんだ。


この前、先生からクラスのみんなにどんな職場体験がしたいかと聞かれた。
前の席から順番に、行きたい職場を発表したんだ。



みんなは順番に立って、パン屋さん看護師お寿司屋消防士大工さんなど次々と発表する。

ほかにも身体の大きなまさひろ君はお相撲さん
オタクのしんご君はYouTuber
よく喋るしゅうじ君はお笑い芸人とか言っていた。

クラスで一番かわいいミヨちゃんは、キャバ嬢だって
きっと素敵な職場なんだろうなぁ~って思った。



そして、ボクの順番が来た。

ボクは、大きな声で「漁師」と発表した。
でも、みんなは「ええ~ダサい」とか「魚クサい~」という反応

だからボクは、こう言い返してやった。
「いつも美味しいお魚が食べれるのは、漁師さんのおかげなんだ」
「ボクも漁師になって美味しい魚をいっぱい獲るんだ」






いよいよ職場体験の日が来た。



朝の3時に、担任のあんどう先生がボクの家まで車で迎えに来てくれた。

向かった先は、和歌山県の串本町というところ
知っている。
本州で一番南の端にある漁業のメッカなんだ。




漁師体験をさせてくれるのは、久丸さん



IMG_0028_201905040829563e4.jpg












あの有名なチームGACHIの人も時々来るんだって
だから凄い船なんだ。



IMG_0030_2019050408295722b.jpg












この人が久生船長
凄く優しそうなので、少しホッとした。

ボクは、勝手に「師匠」と呼ぶことにしたんだ。



IMG_0014_20190504082945202.jpg
















船に荷物を積み込んで出港

いよいよボクの職場体験が始まる。



IMG_0011_20190504082944442.jpg













この日は、カツオのケンケン漁なんだって

この道具を長くて太い竿の先に付けて船で引っ張るらしいんだ。



IMG_0005_20190504083000f63.jpg








1556880728213.jpg













こうして9本の仕掛けを流しながら、カツオが喰い付くのを待つんだ。



IMG_0020_20190504082950bf5.jpg











魚が喰い付くまではゆっくりしてていいよと言われるけど、ボクはいつカツオが来るかとドキドキしながら仕掛けを見つめていた。



IMG_0021_20190504083002552.jpg










あんどう先生は、リラックスしたようすでバナナを食べながら師匠といろいろ話をしている。



IMG_0007_201905040829427f5.jpg














突然師匠「まくった!」と叫んだ

見ると、仕掛けに喰い付いたカツオが水面を跳ねている。



すると、今まで優しそうに笑っていた師匠の顔つきが一変し、「早く引き寄せろ」と指示を飛ばす。

その声に弾かれたようにあんどう先生も糸を引っ張るが、なかなかうまくいかず、師匠に怒られている。
日頃怒られることなどない先生が怒られていて面白かった。



IMG_0023_201905040829518fd.jpg











どんどん喰い付くので、ボクも仕掛けを引っ張ってみた。



1556880722148_20190504092452634.jpg












必死で糸を手繰り寄せ、何とか1本獲れた。



1556880714242.jpg










そうしてまずは4本獲れたけど、一瞬の喰いに船上が戦場のように慌ただしくなった。
優しそうな師匠が、鬼のような形相であれこれ叱り飛ばしていたのに驚いた。

これが漁なんだ。
これが男の仕事なんだ。






そうして、また次の群れを探してしばらく船を走らせる。



目の端に水面の異変を捕えた師匠が再び「まくった!」と叫んだ。

そこからまた船上が戦場と化した。



1556880731796.jpg













師匠の檄が飛び、ボクらは必死に魚を引き寄せる。

糸を手繰って魚を取り込み、針を外してすぐに仕掛けを流して次の魚を喰わす。
その間に尻尾を掴み、船べりにゴツンとカツオの頭を叩きつけて〆る。

この時の返り血を顔に浴びる。

それを見たあんどう先生は「顔面シャワーやな」と言った。
顔に血を浴びることをそう言うのだと知った。

ほんとうに、大人は何でもよく知っている。





1556880720486.jpg








1556880717309.jpg












「先に手前から引き寄せるんや」

「針投げたら絡むからスッと流すんや」

「もたもたしてたらバレるやろ」

「無理に引っ張ったらバレるやろ」

「あんどう先生、もう邪魔やからどけ」

「前に船ないか見とけ」

「下にカツオ置いたら仕掛けぐちゃぐちゃになるやろ」

「下にカツオ置いたら身が痛む」

「頭叩かんかい、腹叩いたらあかんやろ」



・・・





13年生きてきた中で一番怒られた。

これが漁師の厳しさだと覚悟していたけど、さすがにボクもふくれてしまった。












1556880737799.jpg
















釣れたカツオは、丁寧に血抜きして氷水が張られた生簀に入れる。



IMG_0026_20190504082954755.jpg














こうしてボクの職場体験が終わった。



1556880726640.jpg








IMG_0035_20190504082959f0c.jpg








漁が終わると、師匠はまた元の優しい顔に戻り、「よく頑張ったな」とボクの頭を撫でてくれた。

「なかなか筋がいいから、いい漁師になれるぞ」と褒めてくれた。



もちろんボクもそのつもりだ。

まだ誰にも言ってないけど、ボクの船は「がき丸」にしようと思っている。















おしまい・・・






魚体を指で押すとやわらかい
この状態のものをその日のうちに刺身にすると、もちもちとした食感が味わえる。
師匠は、そんな特上の状態のカツオを選んで持ち帰らせてくれた。
次の職場体験は「板前さん」にしようか(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

























スポンサーサイト



Comment

Name - 久丸  

Title - 漁師

本当は看護師、しかし、人生は前向きに進まないと誰も進めてくれない。色んな厳しさを乗り越えて行かないと自分のやりたい事にはたどり着けないと思います。釣りは自分(久丸)が出来る最大のロマンを求められるものです。何時でも連絡して下さい。もうあまり怒ることはないです。
2019.05.04 Sat 23:32
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - 師匠!!

人生を自分が望む方向に向けるのは自分!!ってことですよね。
「釣り」に出会えてよかったです。
「釣り」を通じて多くの仲間と知り合えてよかったです。
これからも、いろいろとご教示ください。
また怒られに行きますのでよろしくお願いいたします(^^b
2019.05.05 Sun 19:25
Edit | Reply |  

Add your comment