FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

うれしはずかし明石沖 

明石沖が開幕した。

マダイに加え、今年は西側の青物もよさそう。
マダコも早々に釣れ出したのが嬉しい。


今年も美味いまえもんが喰えそうである。



船長に狙いを聞くと、マダイのちマダコ

とてもいい選択である。



さて準備しようとタックルケースを見て愕然

な、何と前回鯛カブラに行ったままになっていた。


カブラの補充もせずにそのまま
玉に色も塗らず、袋に入ったまま
しかも、フックも使い切って在庫なし



しまった・・・





そこからカブラを作るわけにもいかず、かといって既製品を使うのいやなので何とか在庫でやりくりすることにした。
フックだけは前回と同じシステムを数セット結んでおく。


かつては「鯛カブラのがきさん」とも呼ばれたわしだが、何たる体たらく・・・




まぁ、何とかなるだろう。









今回お世話になるのは、明石港から出船する愁輝丸さん



IMG_0010_2019051208524142a.jpg













好天の中、5時に出船

何より港の前がもうポイントなので楽ちんである。



IMG_0011_20190512085242616.jpg
















最初のポイントは、わしが明石でもっとも苦手とするところ
ここで鯛を釣ったことがない。

まぁ、何とかなるだろう。

何せ、わしは「鯛カブラのがきさん」なのである。




50メートルで、反応はまずまず
すると、着底から数巻きでガッというアタリ

しかし乗らず。



この調子ならすぐに釣れるだろう。

そこから反応が出れば、誰かのロッドが曲がる状態に
次はわしに来るとドキドキしながら巻き続けるが、根ガカリ多発で見る見るカブラをロスト

もともと準1軍2軍級で戦っているのに、それらもどんどん消費してゆく。



遂には旧型のVer.Ⅱまで動員するはめに



他の者は相変わらず好調で、どんどん数を重ねていく。
聞けば、アタリカブラはマ〇カルワームの赤カーリー

これが圧倒的にアタリを出していた。


しかし、明石の海で産まれたがきカブラが明石の海で負けるわけがないと頑張ったが、手持ちが底をつき、遂にはショートカーリーやら極細ストレートなどを出してきてぐちゃぐちゃ





がんばれ「鯛カブラのがきさん」



1557556064471.jpg

















結局カスゴサイズ1枚の完敗



IMG_0013_20190512085244643.jpg

















そして、いよいよ「本命」マダコ


そう、これが「本命」

鯛カブラなぞ前座
本番前の時間潰しである。






ポイントはやや深めの45メートルライン

タコエギを落とし、まずは感触を思い出すため軽くシェイク

こんな感じやったかなと思っていたら、いきなり重みを感じた




こんな感じである。



IMG_0015_20190512085247f02.jpg














「本命」のタコ釣りは好調



IMG_0014_2019051208524541e.jpg













やっぱり竿が曲がるのは楽しい。



暫くすると、チームGACHI耕ちゃんが操船する悠遊丸も参戦し、さっそく竿を曲げていた。



IMG_0018_20190512085248ada.jpg
















こうしてわしの、明石沖開幕戦が終わった。



IMG_0020_20190512085250dbd.jpg








IMG_0022_20190512085252986.jpg












終わりよければすべてよし







同船者からは、「タコ釣りお見事でしたね~」とお褒めの言葉をいただいた。

そうである、わしは「タコ釣りのがきさん」なのである。



1557556056928.jpg




















おしまい・・・





ブログランキングに参加している。
このブログをご覧になった方は、「いいね」という感じでバナーをクリックいただければ幸いである。
するとわしは、「もっと張り切ってブログを書こう」という気になる(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村































スポンサーサイト



Comment

Add your comment