FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

みんな大好きなあの味を再現 

「やったねパパ、明日はホームランだ~!」
早い、うまい、安いの三拍子、ここは吉野家、味の吉野家、牛丼一筋80年~♪


これを聞いて「懐かしい」と思った貴方は立派なおっさんである。


昭和の頃、頻繁に耳にしたフレーズは吉野家のCM
今や牛丼ひと筋ではなく、また牛丼でこれだけ喜ぶ子供も居ないが、吉野家の牛丼は今でも学生やサラリーマンの胃袋を支え続けている。



もちろんわしも、吉野家の牛丼(よし牛)が大好き
いろいろメニューが増えても、一貫して味噌汁がわしのこだわり




一度喰えば、大概の料理の味付けは再現できる舌を持つわしが、何度もよし牛の再現を試みるも、よし牛の味は再現できなかった。

隠し味にはコンソメ赤ワインを使うので、どちらかというと「なか卯」風の味付けになる。
巷のレシピサイトにもよし牛レシピはあるが、何か一味足りない。
どうしてもあの甘み酸味が出せなかった。



そんな中、先日、よし牛を再現するというYouTubeを見付けた。



よし、やってみよう。

鍋に鰹とイリコでとった出汁を張り、そこに調味料を投入していく。
使う調味料は、出汁醤油(又は薄口しょうゆ)、砂糖、みりん、味の素、濃口しょうゆに少量のおろし生姜

そこに加える隠し味は白ワインりんごジュース



IMG_0011_20190630185201b44.jpg














これがあの独特の甘み酸味の正体なのだろう。



玉ねぎを入れて、ひと煮立ちさせたところに安物のアメリカ産牛肉のバラを投入
しばらく煮詰めて出来上がり



IMG_0001_2019063018515496a.jpg










丼に盛ったご飯の上に掛ければ完成

たっぷりの紅ショウガと生卵を添え、七味をトッピングするのがよし牛の流儀



IMG_0005_201906301851569bf.jpg










IMG_0006_20190630185157154.jpg









IMG_0007_2019063018515935c.jpg











これらを軽く混ぜ合わせ、口いっぱいに頬張る。



IMG_0009_201906301852006e2.jpg










ん!



うんうん




それは確かによし牛の味

完璧な味の再現





わしもこれで、明日はホームランである。















おしまい・・・





いろいろな規制と厳重な警戒のもと、G20大阪サミットが終わった。
大阪に集まった37の国と期間のリーダーたちは、2日間の日程を終えて大阪の地を後にした。
これほど大阪が世界から注目されたのは、1970年の万博以来
そんなイベントを万全の態勢で迎え、好評裏い閉幕できたことに大阪人として誇りに思う。
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



















スポンサーサイト



Comment

Add your comment