FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

三井楽水産の鬼鯖鮨 

五島列島の一番大きな島、福江島の北西端に位置する三井楽という町があり、また古くから島のシンボルとして親しまれる鬼岳という山がある。



五島の豊かな海から水揚げされた新鮮な真鯖を使った三井楽水産の鯖寿司は、「鬼鯖鮨」と名付けられた。


その、五島そのものが詰め込まれたような鮨を買って帰るのも、五島遠征の目的のひとつであった。







お土産に買ったのは、炙りの2種類



IMG_0003_20191208204617dfa.jpg













には、シングル(鯖の身1枚)とダブル(鯖の身2枚)があるが、今回はシングルにした。



簾と竹皮の包みを解くと、しめ鯖独特の芳香が広がる。
つまみ喰いしたいのをぐっと堪えて切り分ける。



IMG_0004_20191208204618ffa.jpg








IMG_0007_20191208204620af1.jpg












一般に、土産として売られる鯖鮨は、日持ちを優先するため、しっかりと酢で締められている。
一方、鬼鯖鮨は、浅漬け生に近い食感と味わいが一番のウリなのである。




IMG_0013_20191208204626ade.jpg










IMG_0012_2019120820462491b.jpg












炙りも焼き鯖ではなく、皮目をさっと炙ってあるだけなので、中は生同様



IMG_0010_20191208204623051.jpg









IMG_0009_201912082046211fa.jpg














片手に、片手に炙りをつかみ、ちょぼっと醤油をつけて、がぶり、がぶり

をがぶり、炙りがぶり

炙りをがぶり、をがぶり




絶妙な締め加減の程よい酸味としゃりのほのかな甘み





美味い!!





噛むごとに、口の中いっぱいにの旨みが広がる。

鯖の味がダイレクトに伝わってくる
香ばしさが追いかけてくる炙り


好みや評価が分かれ、甲乙つけがたいところだが、わしは少しだけ生に傾いた。


ぼったくり的価格設定の鯖寿司が多い中、値段もとても良心的である。




これもまた、五島を訪れる理由になりそうである。












おしまい・・・






その土地の美味いものを喰うのも遠征の楽しみ
焼肉・・・
鬼鯖寿司・・・
美味い話が続いたが、次はいよいよ「美味い!!」編
豊潤な五島の海のヒラマサが、どんな料理になって出てくるのか・・・
是非ご期待いただきたい(^^V
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



Comment

Add your comment