FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

徳島県伊島沖 カワハギハンターたちの熱き戦い 

関西に「釣果勤務部」という、そこそこ大きなクラブがある。

詳しい会員数は知らないが、結構実力者が揃うと聞いている。
実は、わしも当クラブに所属しており、たまに釣行会などに顔を出している。





そんな中、先日釣果勤務部が主催するカワハギ大会があるというので参加してきた。
強者揃いの大会らしいが、カワハギならわしも負けてはいない。


大会は、長寸の部数の部があり、最も大きい魚を釣った者、最も多くの魚を釣った者がそれぞれトロフィーを手にする。


迷わずわしは長寸の部にエントリーすることにした。



まだ夜が明ける前の港には、ぞくぞくと参加者が集まってくる。
皆精悍な顔つきで、並々ならぬオーラを放っている。





お世話になるのは、阿南市から出船するフィッシングート清和丸さん



IMG_0034_20191223193206c07.jpg












この日は、の2艇体制






まずは、事務局により大会ルールの説明と、釣り座を決める抽選



IMG_0020_20191223193200973.jpg








既にここから戦いが始まっているといっても過言ではなく、皆の顔は真剣そのもの



IMG_0022_201912231932021b3.jpg







わしは、の右舷の胴
まぁ良くもなく悪くもないというところか







タックルを積み込んで、7時過ぎに出船


船長に状況を聞くと、非常に厳しいという
先日も、某メーカー主催のエキスパートの大会でも平均で10枚ぐらい

厳しい戦いになるだろう。




ポイントは、伊島周りの比較的根の荒い20~30メートルライン

水温の加減か、砂地には魚が付いておらず、根周りが中心になるという
つまり、根ガカリとエサ取りをいかにかわすかがポイント





仕掛けを投入するも、何の手ごたえもなくフグ?にPEを切られ、いきなりノットを組む羽目に
その間、船中でぼちぼちアタリがあり、カワハギが上がりだす。



IMG_0027_201912231932032d1.jpg









1577012384526.jpg






1577012378307.jpg











パターンは、底が荒いため、あまり弛ませはわせをあまり多用できない。
なので、底でパパパっと叩き、誘い上げてステイ、すっと弛ませて、す~っと持ち上げてステイという感じ

それなりにエサが盗られるので、上手く掛け合わせれば数は取れそう。
だが、わしは、小型の数争いには興味がないので型狙いに徹する。



数こそそれほど出ず、また時合いという時合いも無かったが、参加者たちは持てるテクニックを駆使してカワハギを拾っていく



IMG_0028_2019122319312022f.jpg









IMG_0025_20191223193118191.jpg









1577012360733.jpg









1577012380522.jpg













だが、数狙いでは2桁を超えるのが精いっぱい



わしはそこで、大型釣り引き出しをそっと開けた。

オモリを底に付けたままタタタンと叩き、そのままテンションを抜いてステイ
極鋭AIR 1234が誇る超高感度のティップをスッと持ち上げてラインを張ってやる。


コ、ココココンで、この日最長寸となる29.0センチ



IMG_0031_20191223193205b35.jpg

















まぁ、この状況ならこれで十分だろう。
このサイズを見て、わしはタックルを片付けた









戦いの時間が終わり、参加者たちは表彰式に備える。

事務局から順に成績が発表



まずは、6枚でブービー賞HONDO



IMG_0038_2019122319312476a.jpg









続いて飛び賞の10位は、ザキイワ



IMG_0039_20191223193209c04.jpg











プク本は10枚で、飛び賞の5位



IMG_0037_2019122319320806a.jpg










清和丸船長からの特別賞は、事務局として企画から運営に奮闘したK野ちゃん



IMG_0043_20191223193211344.jpg
(数も15枚で第2位)











そして、いよいよ各部門のチャンピオンの発表


まずは、数の部第1位
記録的不況の中で19枚釣り上げたダーツー



IMG_0032_20191223193121e1d.jpg








IMG_0036_201912231931235c0.jpg













最後に最長寸の部は、29センチを釣り上げたわし



IMG_0040_20191223193126a25.jpg
















大盛り上がりの中、釣果勤務部カワハギ大会が幕を閉じた。



IMG_0044_2019122319312797b.jpg


























また来年・・・









帰りはいつものりょう花で、世界一美味い塩ラーメン喰って反省会

IMG_0047_2019122319321212d.jpg

IMG_0048_20191223193129026.jpg

いやぁ~、厳しかった。
型はともかく、わし史上最低貧果のカワハギ釣りとなった。
水温がまだ高くて魚の密度が薄いように感じた。
しかし、そんな中でも確実にアタリパターンは存在した。
これが「カワハギ地獄」なのである。(^^b
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト



Comment

Name - 藤本稔和  

Title - 

メリークリスマス!またきますね!
2019.12.23 Mon 21:02
Edit | Reply |  

Name - がき  

Title - 藤本稔和さま

はいっ!
2019.12.24 Tue 19:23
Edit | Reply |  

Add your comment