FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

浅海ジギングで何でも狙い 

「ライトタックルで癒しのジギングなんてどう?」

こんな呼びかけに集まったのは、職場後輩の、うっちゃんK野ちゃんぶっち



暖冬ながら、徐々に水温も低下して釣りモノが少なくなるこの時期に、浅場で多様な釣りができるというので串本まで出かけた。

お世話になったのは、串本港から出船するSAN-MAGICⅡ(サンマジック)さん





前日の出船確認では

「えっ、あんたら今日やったっけ?」
「夜だけやったっけ?」

と、船長は何とも怪しい返答



聞けば、船がドッグ入りしていて当日の朝8時に帰ってくるという。
ということで、のんびり8時に現地入り


すると、「整備終わってるんやけど、潮が低いから船降ろされへんねん。あと1時間待ってくれ」と言う。
「そのかわり、今日はとっておきのポイントに連れていく」というので、あと1時間待つことに。



IMG_0001(18).jpg













やっと9時前になり、整備を終えてさっぱりした船がゆっくりと着岸



IMG_0004_20200202194547382.jpg














待ちわびたわしらは、手際よくタックルを積み込んで出船


船長に、本日のメニューを聞けば、風が強いため深場の150メートルラインには行けない。
なので、30~40メートルラインがメイン
しかし、出船が遅れたお詫びに超おススメのポイントに案内するという。



狙いは、ハタ系を中心に何でも喰ってくるという。
最近は、カンパチがいいという。
ジグでも鯛ラバでもいいという。


わしはメインターゲットをカンパチに設定
なので、PE2号のスピネギタックルで攻めることにする。

メンバーは、SLJタイラバなど思い思いのタックルを手にしている。





さぁ、じっくりと一日楽しもう。






「喰った!!」といきなり掛けたのはぶっち



IMG_0008_20200202194552961.jpg













中々の引きを見せて姿を現したのは、な、何とクエ



IMG_0006_2020020219454982f.jpg











SLJで45グラムのジグで着ドン


あまり感情を顔に出さないぶっちだが、眉毛の角度で喜んでいるのがわかる。
この後も絶好調で、カンパチも掛けて、また眉毛を緩ませていた。






うっちゃんも、SLJで小さなジグでカンパチを掛けたがバラシ






わしは結構好調で、ハタ類のオンパレード



ジグでゴン!で、アオハタ


IMG_0009_20200202194553ce5.jpg











ジグでゴン!で、オオモンハタ



1580619785768.jpg










うっちゃんとダブルヒットでオオモンハタ



IMG_0007_20200202194550938.jpg











タイラバ巻いて、アオハタ



IMG_0010_20200202194555add.jpg











K野ちゃんは珍しいムシガレイ



IMG_0014_2020020219455800b.jpg











楽しい。

むっちゃ楽しい。



常に誰かにアタリがある。
魚種も豊富で、上がってまで何が釣れたかわからない。


それがまた楽しい。




いい魚が釣れるたびに船長は、「これも朝遅かったからやで~」
「早くに出てたらこのポイント来てないで~」と、恩着せがましく調整ミスを巧妙にすり替える。












ここで、16時過ぎに一旦帰港

温かい飲み物をとって休憩し、日が傾いたころに再び出航



IMG_0018_202002021946028ad.jpg


















第二部は、イカメタルでアカイカ狙い。



IMG_0016_202002021945595af.jpg












真冬のイカメタルは初めてだが、いい時は一人40~50パイは釣れるらしい。
話半分としても20パイも釣れれば御の字だろう。



しかし、話半分どころか、暗くなっても一向にアタリがない。

やっと、小さな群れに当たったのかパタパタと乗るが、これまたサイズが小さい。



IMG_0022_20200202194607289.jpg










わしにも来たが、チンコシンコサイズ


それではお土産にもならないので、ノマセ仕掛けのエサにして投入



IMG_0021_20200202194605fe6.jpg













底から3ヒロ上げて待っていると、竿先がバタバタと暴れた後ゆっくりと入っていった。
それほど重量感も引きも見せずに上がってきたのは、目の下一尺の食べごろマダイ



IMG_0020_202002021946047db.jpg










その後は、アカイカも乗らず、ノマセも喰わずの沈黙が続く。
退屈した者は、サビキでお土産のアジを狙いだす。

そのアジをエサにノマセをするも、サメ、サワラ、アオリイカにおちょくられるだけ

イマイチ釣果が冴えないうっちゃんは、何とか土産を釣ろうとめげずにアジを付け替えている。




寒い・・・

真冬の冷え込みが徐々に身にしみ込んでくる。
もうわしの心は、台湾ラーメンに向かっている。



「あと10分で終わろうか」という船長の声に、皆いそいそとタックルを片付け出す。





それでもうっちゃんは集中力を切らさない。




そして遂に



IMG_0025_20200202194608847.jpg








重量感のある引きをみせて上がってきたのは、コロコロのブリ



IMG_0029_20200202194610435.jpg










だいたいが、「最後にドラマが!」なんて思いながら、半ば諦めて無念のタイムアップを迎えるものだが、「最後にドラマ」は本当にあった。

やっぱり最後まで諦めてはいけない。





こうして、13時間にも及ぶ釣りが終了した。

「何でも狙い」というとおり、この日釣り上げた魚は、クエ、カンパチ、アオハタ、アカハタ、オオモンハタ、イトヨリ、マダイ、エソ、オジサン、ムシガレイ、サメ、ブリ、アジ、アカイカの14種

改めて、串本の海の豊かさを味わった。




また、初めてお邪魔したサンマジックさんだが、きれいに片付けられた船内は、清潔広々としてとても快適



IMG_0017_20200202194601391.jpg










船長も個性的で、「日本一親切な船長を目指す」と言い、しゃべることが親切だと思っているのか、ひたすらしゃべりまくっている。
そんな船長としゃべるのが面白く、わしもひたすらしゃべっていた。


長時間船上で過ごしたが、何かとおもろい時間を過ごすことができた。

朝3時30分に出発し、翌朝3時30分帰宅と、実に24時間の釣行であった。



















グラッチェ・・・







先週の志摩も、今回の串本もボーボー予報からの出船
来週の遠征も、今のところ荒天予報
しかし、この流れから行くと、もしかしたら行けるかもしれない。
今年のわしは、かなりイケるかもしれない(^^
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト



Comment

Add your comment