FC2ブログ

美味いお魚を求めて! がきの釣り日記

魚が好き! 美味い魚が喰いたい。 それならば、自分で釣って、自分で捌いて思う存分喰らう! ここは、日夜美味い魚を求めてさまよう者の日記である。 そして、たまに脱線する。

ハタ類のハタ類によるハタ類のための料理 

きっちりと血抜きして、8日間寝かせたオオモンハタアオハタ

ホウキハタやマハタに比べると、やや味が落ちるとはいえ、いずれも抜群のコンディション
そんな2種のハタ類を食べ比べてみよう。







まずは刺身から



ハタの刺身といえば、やはりこれ



オオモンハタの薄造り



オオうす







オオ薄2











アオハタの薄造り



アオ薄1








アオ薄2










純白の身をガさっと箸でさらい、ひろたのポン酢にさっと潜らせる。

寝かせている分身のコリコリ感は無いが、それでも十分な弾力が歯を押し返してくる。
噛んだ後からじんわりと滲みでてくる旨み



オオモンとアオ
いずれも甲乙つけがたい。




特筆すべきは
さっと湯引きをすれば、皮下のゼラチン質がぎゅっと締まる。
これが抜群の歯ごたえを生み出す。






美味い!!










次は鍋料理


オオモンハタのアラで出汁をとり、薄く下味を付けて、
そこに舞茸、椎茸、しめじ、エノキ茸にブラウンマッシュルームをたっぷり投入



オオモンハタとキノコの鍋



オオ鍋1










器にちょんっとポン酢を垂らしていただく。



オオ鍋2










キノコ類から出た出汁とアラの出汁が絶妙に絡み合い、オオモンハタの弾力を後押しする。




美味い!!




刺身も美味いが、身に熱を通すと独特の弾力旨みが出るのがハタ類の特徴だろう。










続いて茶碗蒸しに



アオハタの茶碗蒸し



アオ茶碗












たっぷり喰いたいので、やや大きめの器に、塩と酒で下味を付けたアオハタの切り身をたっぷり敷き詰める。
具は椎茸を三つ葉だけ


卵1:出汁3の黄金比で蒸しあげた身は、卵出汁と絡んでほくほくと湯気を上げる。





美味い!!











この説明は不要だろう。


アオハタのアラ炊き



アオアラ









白身魚の鉄板料理
しかも皮目が美味いハタ類のアラ炊きが美味くないわけがない。











最後はご飯もので締めくくり




アオハタの握り



アオ握り










見た目も味も、どこに出しても見劣りはしない
口の中で、上品な旨みを残してすっと消えてしまう。

まるで初雪のような料理である。






釣らなければ喰えない味
それを味わいたくて、わしはまた海に出る















おしまい・・・





いよいよ遠征の日が使づいてきたが、どうも天気がビミョー
フィッシングショーの話題は皆さんにお任せし、わしはせっせとタックルの準備を整える(^^v
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村


















スポンサーサイト



Comment

Add your comment