・中紀シオ祭りでわっしょい! ・遂に出た! 三重沖のイエローフィン ・エギンガーのオフショアデビュー ・丹後沖 何が何でもヒラマサ ・天高く鰤肥ゆる秋 ▼もっと見る

プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

カテゴリ:ソルトルアーの話のエントリー一覧

  • 中紀シオ祭りでわっしょい!

    中紀の沖で何やら祭りが開催されていると聞く。それは、この時期限定なのだと聞く。それはそれは大いに盛り上がるのだと聞く。その祭りにお祭り男が2人参加することになった。一緒に挑む男は、相変わらず喰い付きのいいCoCo塚さん祭りをナビゲーションしてくれるのは、和歌山県の三尾港から出船する泰斗丸さん氷川きよしにちょい似の船長は、抜群の読みと操船でいつも美味い魚を釣らせてくれる。そんな船長にどんな祭りなのかを聞...

  • 遂に出た! 三重沖のイエローフィン

    前々からお誘いを受けていた魅力的なプラン是非参加させていただこうと休みを調整した。しかし、その日が近付くにつれて予報が悪くなる。その海域は軽く10メートルを超える予報またか・・・よくあることとはいえ、何度味わってもその落胆感は慣れない。道具の準備をする気にもなれず、違うタックルをいじっていた。と、そこに出船可否の連絡が入った。「がきさん、出れるらしいで! レッツゴーや!」マジか!? と思いながら、せ...

  • エギンガーのオフショアデビュー

    今のわしの職場には、もちろん釣り師は居る。しかし、「ジギング行こうや」と誘うも、皆船に弱いという。中でも、後輩に二人の熱心なエギンガーが居る。こいつらはお互いを「師匠」、「名人」と呼び合いとても仲が良い。シーズンともなれば、休みごとにエギングロッドを手に、地元の泉南から和歌山でロッドを振り続けている。でも、船には酔うらしい。まずこれらをオフショアに手懐けてみようと、「ティップランっていう釣り方知っ...

  • 丹後沖 何が何でもヒラマサ

    今年の丹後はヒラマサが多いのか、高確率でその釣果が見られる。丹後で狙ってヒラマサを釣りたいと、わしはそのタイミングを計っていた。また、丹後では珍しいキャスティング便(人数限定の乗合)を出す、前から気になってる船がある。というわけで、舞鶴市から出船するノースポイントさんにお世話になってきた。事前に船長から聞いたところ、最近ヒラマサはやや下降気味だという。まだ水温が高いのと、潮の動きが悪いのが理由だが...

  • 天高く鰤肥ゆる秋

    連続して襲来した台風が去った後は、カラっと乾いた涼しい空気に変わっていた。そんな中、秋の魚を求めて海に出てきた。お世話になったのはケイズさん古志船長に最近の状況を聞くも、あまり芳しくない様子ただ、なかなか口を使わないだけで、魚は多く入っており、また中にはデカいヤツもいるらしい。確かに、エサが変わるこの一時期は極端に喰いが落ちる。「がきさんなら何とかしてくれるやろ~」と、激励ともプレッシャーともつか...