・久しぶり過ぎるボートメバルで癒しの引き ・玄界灘ウインターキャンプ Day2 ・玄界灘ウインターキャンプ Day1 ・中紀シオ祭りでわっしょい! ・遂に出た! 三重沖のイエローフィン ▼もっと見る

プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ
ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

RSS

カテゴリ:ソルトルアーの話のエントリー一覧

  • 久しぶり過ぎるボートメバルで癒しの引き

    ここのところ、大阪湾ではメバルが不調であった。ショアは?ボートは?エサは?沈船は?いずれも状況が悪く、いい話を聞かなかった。小型の数釣りでお茶を濁すのも嫌なので、自然と足が遠のいていた。しかし、決してあの引きを忘れたわけではない。行くか!  癒しの引きを味わいに!!極寒の深夜に沖に出るのはかなりの変態マニア名乗りを上げたのは、チームGACHIのAN会長にjiggerさんということで、久しぶりにFUJIYAMAさんに遊...

  • 玄界灘ウインターキャンプ Day2

    2日目は、まだ暗い5時30分お互い「お前の鼾がうるさかった」と言い合いながら、清々しく起床朝食後、コンビニで昼食などを買って港へ向かう。この日は、まず朝イチのクロマグロ狙いから船長が、瀬の形状、潮の方向、鳥の旋回やベイトの動きからマグロが出そうな場所を予測して船を付けて待ち伏せる。皆は、いつマグロが飛んでも即応できるよう、リラックスしながら待機する。「出た!!」と言うや否や、エンジン全開でその方向に...

  • 玄界灘ウインターキャンプ Day1

    プロ野球の球団は、各地でキャンプが真っ盛りキャンプでは、首脳陣が今シーズンの戦力を見極める一方、若手選手にとっては懸命に自身をアピールしなければならない。いずれにしても、非常に重要な意味を持ち、キャンプの成否がシーズンの成績を左右するといっても過言ではない。プロ野球のキャンプとは直接関係ないが、この度わしらもウインターキャンプを張ってきたので、その様子を紹介したい。昨年末から今まで、悪天候によりこ...

  • 中紀シオ祭りでわっしょい!

    中紀の沖で何やら祭りが開催されていると聞く。それは、この時期限定なのだと聞く。それはそれは大いに盛り上がるのだと聞く。その祭りにお祭り男が2人参加することになった。一緒に挑む男は、相変わらず喰い付きのいいCoCo塚さん祭りをナビゲーションしてくれるのは、和歌山県の三尾港から出船する泰斗丸さん氷川きよしにちょい似の船長は、抜群の読みと操船でいつも美味い魚を釣らせてくれる。そんな船長にどんな祭りなのかを聞...

  • 遂に出た! 三重沖のイエローフィン

    前々からお誘いを受けていた魅力的なプラン是非参加させていただこうと休みを調整した。しかし、その日が近付くにつれて予報が悪くなる。その海域は軽く10メートルを超える予報またか・・・よくあることとはいえ、何度味わってもその落胆感は慣れない。道具の準備をする気にもなれず、違うタックルをいじっていた。と、そこに出船可否の連絡が入った。「がきさん、出れるらしいで! レッツゴーや!」マジか!? と思いながら、せ...