熊野沖のYellowfin

2017.08.31(18:36)

久しぶりに山越えルートで行こう。

聞けば、道路も整備され、かなり走りやすくなったらしい。


通称「大台越え」は、もともと自宅から紀東までを最短距離で結ぶルートで、昔何度か通ったことはあるが、何せ道が細くてカーブも多く、非常に疲れる。
また、有料道路も整備されたので、ついそちらを使ってしまう。

しかし、今回は現地まで一人なので、久しぶりに走ってみようと思った。



まず自宅から吉野を目指し、そこから国道奈良県と三重県にまたがる紀伊山地に踏む込み。
最初のうちは元気なので、頭文字(イニシャル)Dの気分で攻めていたが、そのうちだんだん飽きてきて、延々と続く山道にゲンナリしだした。
もうこれ以上ハンドル回すのは嫌やという悲鳴を上げながら、3時間強くるくる回って目的地に到着


一部はトンネルも整備され、確かに昔よりはマシだったが、帰りは有料道路にしようと誓った。








さて、今回はシーズン初のキハダチャレンジ

今年は行きまくってやろうと思っていたがなかなかスケジュールが合わず、やっと釣行が実現した。
その分気合と事前準備は万全





同船いただくのは、お馴染みFreeRunK太さんSKちゃんナカイ君正ちゃん
この頼もしいメンバーの顔を見れば、往路の疲れなどパッと吹っ飛んだ。



IMG_0003_201708311616469ae.jpg















そしてお世話になるのは、日々昼夜を問わず熊野の海を走り回っている純弥船長操船の正丸さん



IMG_0027_20170831161710530.jpg















最近の状況を聞けば、一時ほど出ないがデカいのが居るという。
昨日は50キロ弱が獲れたらしい。







さぁ、待ちに待った1日が始まる。



IMG_0005_20170831161648cac.jpg















沖に出ると、鳥が低空で偵察飛行中

まだまだまばらだが、これらの密度が徐々に濃くなれば要注意
いつ始まってもおかしくはない。







皆は、テンションを保ったままその時を待つ。



IMG_0006_20170831161649d07.jpg














いい加減な気持ちでその時を迎え、失敗して後悔はしたくない。
なので、それぞれが一番信頼できるタックルに、とっておきのルアーを結び、その時に備える。



IMG_0007_20170831161651cc0.jpg













鳥が水面を伺いながら旋回
魚探はベイトを囲むキハダを映す。


「出そうな反応なので、誘い出しやってみて」と船長





気合を込めてルアーを引くが、反応なし



まぁこんなもんである。
そう簡単には姿を見せてくれない。






雰囲気がある鳥山を見つけては誘い出しをするが、依然として反応なし

僚船からの無線も同様の状況を告げている。



IMG_0014_20170831161700cd1.jpg












まぁこんなもんである。
そう簡単には姿を見せてくれない。












そろそろ正午を迎えようとする頃

突然その時が訪れた。








おびただしい数の鳥が舞い、狂ったように海面に突っ込む。





海中からは、巨大な魚がベイトを突き上げる。


















ド派手な水柱を上げて、勢いよく温卵ぶっかけソバを飲込むヤツ



海面から身体の半分以上出して頭からばら寿司に突っ込むヤツ










IMG_0015_20170831161702b7a.jpg
















しかし、その状況も5分程度で終わり、また元の静かな海に戻ってしまった。



IMG_0010_20170831161654571.jpg











またチャンスは必ず訪れる。

そう信じながら、再びその時を待つ。






大丈夫、皆のテンションは保たれている。



IMG_0021_20170831161706950.jpg


















集中しろ



1504082453456.jpg


















備えろ



IMG_0018_20170831161703e34.jpg




















一時も気を抜くな



IMG_0022_20170831161707d28.jpg
















もしも、業なかばで倒れるときは、目標の方向に向かって前のめりに倒れよ。



1504082459720.jpg














しかし、何もごともなく時が過ぎていく。



IMG_0013_20170831161658ce4.jpg













IMG_0012_20170831161657691.jpg













IMG_0011_2017083116165529d.jpg



















終了間際に少しだけ活性が上がったが・・・



IMG_0024_20170831161709db7.jpg




















結局キハダを手にすることなく帰港時間を迎えた。



IMG_0019_20170831161704330.jpg














こうしてわしのキハダチャレンジは終わった。


まぁこんなもんである。
そう簡単には姿を見せてくれない。


これで諦めず、次はサンマが入ってくるタイミングで狙いたい。







夕食に、尾鷲市の食事処おふくろで喰った鰹の刺身定食が、疲れたわしらの心と身体を癒してくれた。



IMG_0030_20170831161712f5a.jpg









美味かったぁ~





















おしまい・・・







「小アユ貰ってきたねん」と工作員
「砂噛んでるかもしれんから、頭と内臓落とした方がいいって言うてたで」らしい。
むっちゃめんどくさい


IMG_0003_20170831175534d64.jpg

ん?
確か40キロオーバーの魚を捌く予定だったはずだが・・・(^^;
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

























想い出ビデオの保存

2017.08.25(19:39)

かつて、日本中が真っ二つに別れて争われた戦いがあった。


日本ビクターや松下電器産業、シャープが擁するVHS方式
一方、ソニー、東芝、NECやパイオニアなどは別規格のベータマックス方式

その家電業界を二分した規格争いは、「ビデオ戦争」と呼ばれて熾烈を極めた。

がき家が愛用したのは、三洋電機製のベータ機
無残にも戦いに敗れた



いうまでもなくビデオデッキの話である。






家庭用ビデオデッキが生まれ、日本の映像環境が大きく変わった。

ひとつは、録画機能のおかげでテレビ番組の放映時間にテレビお前に居る必要が無くなった。
もうひとつは、レンタルビデオにより映画などを好きな時に家で楽しむことができるようになった。




日本の家庭に急速にビデオデッキが普及した理由の一つにアダルトビデオがあると言われる。
その真偽は定かではないが、友人の家で初めて「洗濯屋〇ンちゃん」を見た時の衝撃は、今でもはっきりと覚えている。

また、修学旅行にも行かず、その金で2台のビデオデッキを買ってダビング環境を整えた男は、友人たちのヒーローになった。





そんなビデオデッキだが、その後のデジタル化の波に押され、国内で唯一VHSビデオデッキを生産していた船井電機が、遂に昨年その生産を終えた

これも抗いがたい時代の流れである。





それでも、皆さんのお宅には、様々な想い出を録り貯めたビデオテープがあると思う。
わしの家にも大切な想い出がビデオテープに納められている。

だからこれを、何とかデータ化して残しておきたいと考えた。






そこでいろいろと調べ、先日こんなものを手に入れた。



IMG_0003_20170825191256e72.jpg












USBビデオキャプチャー





これで簡単にVHSビデオをデータ化し、DVDを作成することもできる。

同梱されているのは、専用ソフトに、ビデオデッキ出力端子とUSBの変換機



IMG_0004_20170825191258540.jpg











IMG_0006_20170825191259109.jpg














専用ソフトをインストールし、これらを介してビデオデッキとパソコンを接続するだけ



IMG_0011_20170825191302300.jpg
(画像はイメージでで、実際のものとは異なります。)
















まずは、試しにお気に入りの松任谷由美のライブビデオをで取り込んでみた。



IMG_0009_20170825191301c78.jpg















非常に簡単で、かつ、画質の低下も見られない。


IMG_0002_20170825191255475.jpg

















これはとてもいい買い物をした。

よし、あんなビデオこんなビデオも取り込んでみよう。






















おしまい・・・












な、何しやがるねん!?

IMG_0017_20170825191304991.jpg

   
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



















真夏の青物を喰う

2017.08.23(12:28)

今年の明石沖は、久しぶりの青物で賑わっている。

釣れるサイズは、30数センチのツバスからメーターオーバーのブリまで
大型は大型の楽しみがあり、小型は小型なりに楽しめる。



そして、持ち帰った後には食の楽しみが待っている。



よく「夏の青物なんて不味そう」という声を聞く。
どうも巷では、寒ブリに代表されるように、青物は寒い時期に脂が乗ると思われている。
しかし、この時期に明石に入ってくる青物は、いいベイトを喰っているのか、たっぷりの脂を湛えている。




えっ、そんな話は信じられない?







では、真夏の青物料理をお見せしよう。









その腹回りから、釣った瞬間に美味いヤツだと確信したメジロ

つるんと引いた皮の下には、予想通りの皮下脂肪



IMG_0002_20170823111849dca.jpg













腹身も真っ白



IMG_0004_20170823111852392.jpg















分るだろうか



表面に脂が浮きだして濡れている。

まだ何もしていないのに、しっとりと濡れている。



IMG_0005_20170823111853477.jpg

















極上の素材は、まず刺身から。



明石産メジロの刺身



IMG_0008_2017082311185590a.jpg















濡れている。



IMG_0013_20170823111856eeb.jpg












大トロの角造り



IMG_0011_201708231118569f1.jpg



やはりこちらも濡れている。



眺めているだけで、不覚にも一筋の涎が口角を伝う。












次はさっぱりと冷たい脂を楽しんでみる。


メジロの冷しゃぶ



IMG_0024_20170823111859892.jpg













昆布、酒を加えて煮立てた湯に薄切りの身を潜らせて、氷水に落として粗熱をとり、
薬味とともに冷蔵庫でよく冷やした器に盛り付ける。

柑橘の効いたポン酢を回し掛ければ完成

薬味ごと、ポン酢を絡めて喰えば、冷たくて甘い脂を感じる。







美味い!!














小型のツバスは、その身質を生かして調理してやる。



明石産ツバスのユッケ



IMG_0022_20170823111858fe8.jpg









コチュジャンとごま油を効かせた甘辛タレに卵黄のまろやかさが絶妙なバランスで絡み合う。




チビーズ1号は、「めし、白めし!!」と叫んでいた。
慌てなくても、いくらでもある。











最後はやっぱりこれで締めたい。



メジロの握り寿司



IMG_0027_201708231119010f2.jpg














メジロの炙り握り寿司



IMG_0031_20170823111902966.jpg









赤酢と米酢をブレンドしたしゃりにより、ネタの甘みを生かせてやる。






上質の脂を湛えた青物は、一日一日とその味を変えていく。
その中の、自分の好むタイミングで喰えばいい。

明らかに3日目から脂が溶けて身にまわり、一層味が濃くなる。

よく「何日ぐらい刺身で喰えるのか」という質問を受けるが、状態にもよるが、大型のものは1週間ぐらい十分刺身で喰っている。
しかし、熟成はあくまで自己責任
衛生上の問題もあるので、何でもかんでも置けばいいというものではない。
また、魚に応じた熟成の方法があるので、自身でいろいろお試しいただきたい。
















おしまい・・・









脂の乗った青物には、やや甘めの醤油が合う。
濡れたように光る身にちょぼっと醤油を付けると、醤油の表面にサッと細かい脂の粒が広がる。
喰う前から「美味い!!」と叫びそうになる瞬間である。
青物の味を引き立てる醤油にもこだわりたい。
九州産の醤油がいいのだが、ほとんどのものが甘すぎる。
いろいろ試して行きついたのがこれ


九州しょうゆ

甘すぎず、かつコクと旨みが見事に調和
もう、青物これにはしかない。
これじゃないといけない(^^b
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村






マルエ醤油株式会社の「九州甘口さしみ醤油 」は、九州特有の甘さと旨味が特徴の、コクのあるトロリとしたさしみ醤油で非常に美味い!!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

九州甘口さしみ醤油 420ml
価格:318円(税込、送料別) (2017/8/23時点)










青物祭りやでぇ~!

2017.08.19(15:02)

「がきさん、明日は青物祭りやでぇ~! 重めのジグいっぱい持ってきてや」と、前日の電話口から威勢のいいダミ声






「がきさん来たから大雨で、沖もボーボーやわ」



IMG_0002_20170819140649cd6.jpg












「明石はベタベタらしいから出るで この船は少々の波でもコケへんでぇ~」










「潮来るまでツバスやるでぇ、しっかり釣ってやぁ~」

「ツバスやからってバカにしてたらあかんでぇ~ 昨日もそうやったけど、しゃくり合わずにツバス釣れんかった者は、メジロもブリも釣れんかったでぇ」



「昨日は青物爆発したけど、ボウズもおったでぇ~」

「まぁ、がきさんやったらチャっチャっと釣るやろうけどなぁ」





「おっ、後ろの兄ちゃん釣ったでぇ ジグしっかりとしゃくらな、釣れへんで」


「レンタルさんも釣ったでぇ」



IMG_0004_20170819140652a51.jpg











「その隣も釣ったでぇ」





「釣ってないの、あと2人やでぇ」







「青シャツの人も釣ったでぇ」



IMG_0006_20170819140654c59.jpg














「がきさん、今日はしゃくり合うてないんちゃう!?」

「今日はアカン日かもしれんなぁ~」





むっちゃうるさい・・・











「そろそろブリ、メジロやるでぇ~ 重いジグ付けてやぁ~」

「流してすぐに潮上に上がるから「回収」言うたら全力で巻いてやぁ~」





「よう映っとるでぇ~ しっかり釣らなすぐに時合終わってまうでぇ~」


「やってや~ もう他の船掛けとるでぇ~ 時合やでぇ~」







「この反応でアタらんか~? がきさん、しゃくり合うてないんちゃう?」










「レンタルさん酔うとるでぇ~ 大丈夫かぁ?」



1503035633558.jpg











「でも、しっかり釣っとるでぇ~」



1503035643518.jpg













「青服さんも釣っとるでぇ~」



1503035655679.jpg











「赤服さんも釣ったでぇ~」



e6e433e0.jpg














うるさい・・・










「この反応で喰わさんかったら、今日はボウズやでぇ~!」

「昨日もボウズの人おったでぇ~」




「背中のGACHIの文字が泣いとるでぇ~」

「人気ブロガーやから釣らなアカンでぇ~!」



意味わからん・・・










「がきさん、しゃくり合うてないんちゃう?」

「昨日は、ワンピッチでポンポンポンポンとしゃくってポ~ンやったでぇ」

「アタらんかったら、しゃくり考えなアカンでぇ」






いやいや、ちゃんと釣ってるって・・・


IMG_0010_201708191406570c6.jpg













「まぁ、何やかんや言うても全員安打でよかったなぁ~」



IMG_0012_201708191406582ed.jpg














「さすが、がきさんやなぁ~」



1503035621405.jpg















「でも、がきさんやったら、もっと釣らなあかんなぁ~」



ガハガハガハ  ガハハハハハハハ






ダミ声プレッシャーに悩まされた一日であった。

















おしまい・・・








おっと言い忘れた。
職場後輩のうっちゃん、O谷、だーつーとミタチ丸さんにお邪魔してきた。


IMG_0003_20170819140651b34.jpg


最近好調の青物を狙い、久しぶりに思い切りしゃくってきた。
ワンピッチでしゃくってゴン
気持ちよかった。
しかし、アタっても乗らなかったり
乗ってもバレたりと、フックの選択に課題が残った。
でも、何やかんやと楽しかった(^^
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



















明石産の美味い魚のおもてなし

2017.08.13(11:51)

先日の明石釣行でご一緒いただいた方々から続々と美味い魚料理の画像が送られてくる。

マダイ、ツバス、鬼アジ、メクリアジ、タチウオ、エイ


鬼アジ、メクリアジの脂の乗りはバツグンで味も絶品だという。
なので、さっそく我が家でも味わうことにする。


先にお伝えしたとおり、この日は帰省中の妹家族のために腕を振るわなければならない。





「がきさん、ツバスが予想以上やで」エノケン
何やら背身が飴色らしい。









なるほど、こういうことか



DSC_0735.jpg












ツバスは、業務スーパー産のシマアジ、サーモンとともに刺身盛りに



IMG_0008_20170813105939042.jpg














明石産初物ツバスの平造り



IMG_0009_20170813105940e16.jpg














皮目には、ツルっとした脂が艶々と光っている。



IMG_0011_2017081310594266c.jpg

















次はメクリアジ

皆がいうとおり、皮をめくる指は脂でギトギト



DSC_0734.jpg









この脂を生かしながら、夏らしくサッパリと味わえる料理にしてみた。


アジの重ね造り薬味添え



IMG_0001_20170813105936101.jpg














よく冷やした器にカイワレ、千切り大葉、刻み茗荷を敷き、その上にメクリアジを重ね盛りにし、たっぷりのおろし生姜とスダチをあしらってやる。


見た目も涼しげで食欲が湧く。



IMG_0005_20170813105938aad.jpg















薬味ごと小皿に取り、ちょちょんと醤油を振ってそのままガサガサっといただく。


まずはシャキッとした歯ごたえとともに爽やかな薬味が香り、その後からアジの甘みが追いかけてくる。









美味い!!
















深茹での明石ダコを腹いっぱい喰いたいという我儘な注文にはこれで応えてやる。






明石ダコのタコブツ



IMG_0014_20170813105945564.jpg






















合わせる酒は妹夫婦からの差し入れ


富山の名酒 勝駒(かちこま)の純米



IMG_0017_2017081311004666c.jpg










SNSで紹介されて以来大人気となり、地元でもなかなか手に入らないらしい。

ほどよく冷えたものをグラスに入れ、まず香りを嗅いでみる。

ふ~ん




そしてクっと一口


ほぉ~



確かに美味い

何というか、よく酒を酒の味をフルーティー、辛口、コク、キレ、香りなどという言葉を組み合わせて表現されるが、この酒からはそのいずれも感じる。

というか、それらが絶妙に混ざり合って、より奥深い味となっている。





美味い!!







青物もいいが、上質の白身魚を薄造りにして合わせてみたい酒である。







なに、なに

明日は弟家族も合流するので、大吟醸が出てくるらしい。

それに合わせ、また美味い料理を考えなければならない。





















おしまい・・・








先日テレビで沖縄北方大臣の会見をに見ていたら、大臣に対して 「北方四島の名前を挙げながら領土問題への取り組みについてお答えください」とアホな質問をしている記者が居た。
それを聞いて、何ともいえない不快感を覚えた。
そう感じたのはわしだけではないと思う。
何か勘違いしてやがる。
最近の報道の偏りに大丈夫かと思う。
ミサイルが日本上空を飛ぶかもしれない時に何をやってるんだか・・・
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村





















  1. 熊野沖のYellowfin(08/31)
  2. 想い出ビデオの保存(08/25)
  3. 真夏の青物を喰う(08/23)
  4. 青物祭りやでぇ~!(08/19)
  5. 明石産の美味い魚のおもてなし(08/13)
前のページ 次のページ
管理者ページ
プロフィール

がき

Author:がき
日本海、和歌山、明石・・・
関西の海を中心に活動し、ときに遠征にも出かける。
ジギングをメインにしているが、美味いお魚を釣るために、特にジャンルは問わない。チームGACHI所属

フリーエリア

チームGACHIオフィシャルブログ

ブログランキングに参加しています。 遊びに来ていただいた方は、「いいね!」っていう感じでクリックしてください↑

アルバム

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

月別アーカイブ